fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

一度縛るともう・・・


チュリーッス!
何とか斗瓶取り発売できました。間に合ってよかった~
直売店一番乗りはblogでも常連の酒道楽様でした! ヽ(´▽`)/ おめでとう~
tobin.jpg

平日にもかかわらず、日本酒を楽しむ会の皆さんが続々と訪れて下さいました!さすが日本酒好き♪
よーく考えたら、このブログと日本酒を楽しむ会でしか販売することを告知していないので、このお酒の存在すら知っている人が極少数ですよね・・・

まぁ~普段福司を御ひいきにして下さる方々しか知らない
秘密なお酒
でいいんじゃなぁ~い( ´∀`)!?

「このお酒知ってるかぁ?これは福司の直売店とインターネットでしか手に入らない知る人ぞ知る酒なんだよ!!」
なーんて自慢しながら飲んでいただけると嬉しいですよね~

さて、この商品の黄色い紐ありますよね~
これの縛り方って、実はただクルクルして縛っただけではないって気が付きました?
こういう筒状のものを縛りつけようとしても、普通の結び方だと緩んじゃったりしますよね。
これは特殊な縛り方で、一度縛ると緩まない縛り方なんです!!チョウチョ結びはその上から結んだものになります。

本日は特別にご紹介しますね!!
あー、醸し屋の技が盗まれてしまう・・・

実はこの結びは、酒蔵では普通の結び方。
お酒を搾る際に酒袋に入れて搾る搾り方、通称「首吊り」(蔵ではこれで通じるのですが、正式名所はなんだっけ??)を行う際に使用する結び方です
酒袋を吊るすのに、普通に結ぶと落ちてしまう可能性があるんですよ。
でも、そんな簡単には落ちないんですが、もし落ちたら初めっから!ってことになりかねないので、保険的にしっかり結びます。
酒造りの参考書みたいのにも載っているんですよ!

やり方は簡単!!
20080502170611.jpg  20080502170630.jpg
まず、紐で互い違いに輪を作ります(上左)
次にその輪を、紐の端とはしにつながる部分が交差するように重ねます
今回の図だと、左の輪が下で右の輪を上に重ねるんです。(上右)
これを瓶の口に通し、ギュ~っと締めれば完成!!
20080502170705.jpg
どうです?簡単でしょ?

この縛り方は、普段ロープや紐を扱う方なら知っている一般的な縛り方の様です
「なーんだ、知ってるよ~(-_-;)」って方、ごめんなさい


明日からゴールデンウィークですね。
天気もそこそこ良いようで、どこかに出かける方も多いのでは?
僕も明日は店番していますので、遊びに来て下さい!
釧路の桜はぜーんぜん見ごろじゃないですよw
まだ蕾・・・

っと言うわけで(!?)
釧路のお花見には是非このお酒を!!(^皿^)

ちゃお~

売り切れごめん!! Σ(゜ロ゜;)ナニ-!!

ブログのランキングに登録中!道東のよさを
地酒から発信しますガンバレ日本酒!
クリックしていただけると嬉しいです



ランキングに参加中・・・ランキングが元に戻るように清き一票をお願いします!

にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/601-43628437