fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

雪が降ってきた・・・( ̄□ ̄;)


本日福司ではちょっと早めの全国の鑑評会出品酒の社内利き酒を行いました。
去年はもう少し札幌国税局の出品酒との間が空いていたような気もしましたが・・・
日にちが近いのでそこまでの変化は感じられませんでした。
出品酒は札幌のときと同様に、500mlのR瓶(リターナブル瓶)に詰め、ラベルとバーコード付きの配布された裏貼りを付けます。
キレイにそして、細心の注意をはらいながら瓶詰めして箱に詰めていきます。


R瓶というのは様はリサイクル瓶ですよね。普通のリサイクルビンは溶かして再資源化されますが、Rビンは、洗浄してそのまま繰り返し使われるビンのことです。
もちろん衛生面などは細心の注意をはらい使用されます。
重要なのは再度使う際のエネルギーの問題。再資源化するためのエネルギーよりも、使用後のビンを洗浄し清潔にする方が明らかにエネルギーが少なくて済みます。
日本酒、ビール等はこういう風に環境にも配慮した製品造りが行われているんですね。


うちの段ボール箱は720ml用なので少し大きめ、本当なら割れないように梱包&パッキンを詰めたいところなんですが・・・・
梱包等はしないようにと指定されているんです。
送る側としてはとっても不安 (>_<;)

実は、送り先の広島にある酒類総合研究所には全国から同じように出品酒が届きます。
僕もこの頃酒類総合研究所で研修生としてお世話になりました。
それを職員とパート研究員の方々、研修生等で各地の酒蔵から来た出品酒を地域ごとに仕分けしていきます。それでも人手が足りないため、その頃は臨時バイトを雇って仕分けしたり成分の分析を行ったりします。
ここで配送箱の中に1本1本丁寧な梱包がされてあるとものすごく大変なことになるんですよ!
1本1本梱包を剥がしていくこともそうですが、そのゴミの量もものすごい!!

そのことを知っているだけに梱包できない
けど不安だ~~Σ(゜ロ゜;)
200803271512000.jpg
▲こういうのを外箱に貼って発送します。
両手を合わせて・・・

必殺!後は神頼み~  


さて今日も天気が悪い釧路。
昨日は東京の大学時代の友人から電話があり「桜も咲いてきたよ!」という知らせを受けました。
南方の桜は綿飴のようでキレイですよね。あの華やかさがいいですよ。
桜だけは釧路からワザワザ足を運んででも見たいっす
花見したいっす!!
日本酒で大騒ぎ~

釧路の花見は寒くて寒くて (+_+)
去年の花見は寒くて震えながら酒を飲んだ覚えがあります

さー、皆さんにも見ていただきましょうw
釧路の桜は・・・
200803271707000.jpg
まだまだ蕾です!!!
しまも四月にもなりそうなこの時期に雪が降ってきました。
さすが北海道でしょ(^皿^) ウッシッシ~

マフラーはまだ手放せません


ランキングupにご協力していただけると嬉しいです。

ブログのランキングに登録中!道東のよさを
地酒から発信しますガンバレ日本酒!
クリックしていただけると嬉しいです



ランキングに参加中・・・ランキングが元に戻るように清き一票をお願いします!

にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/574-38f8d045