fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

おりびき

20080221131043
こんにちは~

今日は先日首吊りした大吟の斗瓶どりを澱びきするそうです。

僕は搾った後の粕剥がしのため、見学できなかったのですが、隙を見つけてシュシュ~ε=┌( ・_・)┘ っとのぞき見♪

まだおりびき準備中でした。
お酒はうっすら濁りがあったのですが行う様子…
後ろからライトが照らされ、キレイだったので一枚撮ってみました。
わかりづらい画像でスミマセン

【一方粕剥がしは…】

フネと言われる昔ながらの圧搾機で搾った粕は、縦長の板状になっています。これを袋から剥がして秋に発売される諸白にするため貯蔵するわけです。

この作業場全体が吟醸の香りで充満してます!
まるで吟醸酒の中にいるみたい~\(*^▽^*)/ワーイ

と思いも、そう長くは続かず粕剥き開始。
黙々と粕剥がしをしました。いい匂いですが、てまがかかりますね(*_*)
美味いものは手間を惜しんではいけないんでしょう。肝に銘じることにします

Comment

マーキー says... "蔵仕事の大変さ"
先日知り合いの蔵で仕事をする機会があり、そうじなどの雑用をこなしていたのですが、蔵仕事で大事なのは、片づけとそうじだと痛感しました。

蔵見学だと蔵の方もサービス精神でええとこどりなところばかりがクローズアップされますが、作業の大半はこんな地道で恨のいる仕事なんだなあとしみじみ。

頑張ってくださいね!!
2008.02.24 04:13 | URL | #9enIUaYc [edit]
カズマ says... ""
≫マーキー様

こんにちは!コメントありがとうございます。

酒蔵で働く機会があったなんてすごいですね!なかなか蔵人や社員以外は入れてくれないものですが…


マーキー様のおっしゃるとおり、酒造りの八割くらいは掃除などの地味な作業です。一つの作業ごとに片付けや掃除を行います
菌を扱うので衛生面ではかなり気を使いますし、作業的には水仕事と力仕事がほとんどですからね(^-^)

マーキー様が造りを経験されたことで日本酒が一際おいしく感じるのではないでしょうか?

これからも応援よろしくお願いします!
2008.02.27 16:14 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/549-c37c2cf3