FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

モモヒキ・ステテコ・アンダーウエアー

こんにちは~
今日は一段と寒かった~
風が強いのもあるのですが、気温がグーンと下がりました。
蔵の中も1~2℃も下がってしまった!!!
でも、仕込みにはいい環境なので我慢我慢・・・

そろそろモモヒキの時期か!?
モモヒキがオヤジ臭いといわれそうですねw
今風に言いますと、アンダーウエアーというのでしょうか?
最近はユニクロの「ありかも・・・・」というCMを良く見かけます。
有りとか無しとかの以前に、無いと死ぬっちゅうねん!!!!!!
っと思い、見ている醸し屋です。
よくあるのが、白いモモヒキ。
白はモモヒキ!って感じがしますが、黒だとスピードスケートの選手が着ているやつみたいで、なぜかちょっとだけかっこよく見えますよね!
ちなみに、僕の祖母はステテコと言っていますw

公式には明日から
霧福屋では明後日から大吟醸の販売が開始されます。
当初12本を確保したとお約束していたのですが、残念ながらお約束は守れず、本日夕方に営業Aさんより「霧福屋は6本です」という連絡を受けました。
なので、インターネットは6本のみとなってしまいます・・・
スミマセン
img55316524.jpg
釧路管内のお客様は是非、お近くのお酒屋さんにお問い合わせ下さいませ。

▼商品の紹介は2007年11月14日のブログを参照下さい
http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/blog-entry-475.html

▼霧福屋の『二年に一度の発売!福司 3年古酒大吟醸』商品ページ
http://www.rakuten.co.jp/kirifukuya/723564/797365/

で、そのお味は・・・・???
秘密♪


さて、花華の様子は・・・
麹による糖化進み、蒸米が溶けてきています。
ほとんどおかゆのような状貌で、耳を澄ますと

プツ・・・プツ・・・プツ・・・

生きています!
花酵母は、協会の酵母(スタンダードの酵母)と比較すると、個性豊かなんです。
その反面デリケートなんです。なの吟醸以上に気を使う部分もあるんですよ。

酒母の状態(本格的な仕込みの前の準備段階)では、まず酵母の餌になる糖分(ブドウ糖)を麹に沢山造らせて、徐々に酵母の数を増やしていきます。今日から少しずつ温度を上げて花酵母を元気付けていくわけです!
アワアワになった頃には写真を載せれるといいのですが、今はただのお粥のようなので、あえて写真は載せませんね。

さて、明日も頑張りましょう~!!

ランキングupにご協力していただけると嬉しいです。

ブログのランキングに登録中!道東のよさを
地酒から発信しますガンバレ日本酒!
クリックしていただけると嬉しいです



最近ランキング上昇中!!有難うございます

にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/479-a41901ae