fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

地理的要因!?

今仕込んでいる醪の中に同じように仕込んでも
なんだか違うなっていう物があります。
これだ!という原因が見当たらなく
強いて言えば原料の入荷した日にちが違う米を使っているというくらい。
もちろん原料米の種類は同じ種類で同じ精米歩合。
なんなら産地も一緒!!!!


ただしいて言えば・・・・原料米の分析値が異なるのです。


一緒の産地、一緒の品種なのに、分析値が違う
微々たる差と言えばそうなのかもしれないのですが
原料の良しあしはそういった成分で決まってくる。

ただ必ずしもそれが要因だとも言い切れませんが
ここまで納品される米の数値がばらついては行ってくる年は珍しいなという印象。
数値的に「良い」年ではないことは確かで
数字だけでいえば過去最高値をたたき出しております。
高くないほうが良い数値です・・・・


農家さんが悪いとかそういう話ではありません
天候や造っている土地の環境などが影響しているはずです。
むしろその差が大きく出たんだろうなと感じます。
入荷のロットごとの差を大きく感じ勉強になった年でもあります。

何か事前に分析値などから分からないだろうかとか
傾向を追っているのですが、まだつかめていません。
分かっているのはロットごとの癖を早めに察知し
反映させる必要があることがわかりました。


多分今までも起こっていた事柄なのでしょうが
今までは米質以外の要因ではないかと考えつくことが多かったという事。
少しずつ安定した同じ条件を造れるようになってきたこと
各部署の担当者のスキルが上がってきて
異変に気がつきやすくなっていることなどがあるのかもしれません。


あと、産地の特徴が出ているんだという事も学びにつながっています
1度しか使ったことのない産地の米の場合
その土地の特徴なのか?それともその年の傾向でたまたまなのか?が
判別できないのですが、今年入荷した産地の特徴が、以前同じ産地で扱わせてもらった米の特徴と一致
産地による個性みたいなものあるのでしょうね。


北海道の産地指定と言っても
農協単位になるのでかなり広く
他の件にしたら1つの県や東京都くらいの広さの単位指定になります。
そりゃ同じ産地指定しても質の違う米が入ってきますよね。

米の生育には日照時間や気温が影響します。
谷になっていて陰になりやすい土地もあるでしょうし
海風の影響を受けやすい地域もあるでしょう。

そういった地理的要因も今後は記録しながら
米の発注を見極めていく必要があるのかもしれません。


とりあえずJAの地図をもらいました(笑)
どこからどの地域がどのJAなのか
JAの名前と地域の名前が違う場合もあるので・・・・


さて、明日はいよいよ五色彩雲のブランドページ公開日となっています。
まずはSNSにて公開しようかなと思っていますのでお楽しみに
もちろんこのブログでもリンクを貼りますので
焦らなくてもご覧いただけます。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

採用情報バナー
■ 採用情報はコチラから

五色彩雲シリーズのお取り扱い店舗はコチラからどうぞ。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/4499-3704184b