fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

五色彩雲のブランドページ公開は2月9日を予定。

ロゴ入りGoshikinoKUmo_Mashu_5



五色彩雲のブランドページも最終段階となりました。
現在チェックしてこれがOKなら2月9日に公開開始しようと思います。

「ブランドのページを作成したい」

目的としてはブランドの世界観や私たちが考える五色彩雲のビジョンを
皆さんと共有するためのページです。
ブランドアイデンティティという物になります。

ブランドアイデンティティとは皆さんに企業側が持ってもらいたいイメージで
似たような言葉にブランドイメージというのがあるのですが
これは皆さんが思い描くブランドのイメージを指しています。
私たち側からこう思ってほしい、こんなイメージを持ってほしいと
提示しているのがブランドアイデンティティという事です。

このブランドアイデンティティを伝えるために
セカンドブランドのブランドページを作るなんてことをしている酒蔵は
道内では初めてじゃないのかな?と勝手に思っていますが・・・どうでしょうか?
多くの酒蔵さんで出されている銘柄は
あくまで蔵の1つのブランドでありラインナップとして並列化されています。
福司でも今まではそうでした。COCOROMIとかもそうですね。

で、今回あえて五色彩雲の単独のブランドページを作成しました。
五色彩雲は販売のルートを分けています。
ただでさえ同じ会社から異なるルートで販売しているわけですからややこしい。
今はまだ「福司のセカンドブランドの五色彩雲」のイメージですが
いつか「五色彩雲の福司」と地域外では言わるようになる。これも1つの目標ですね。
ターゲットや売り場を分け、お互いのテリトリーを造ることが出来ればと思っています。

『それぞれがブランドとしての価値を高めるため』というのが
今回のブランドページの作成の意図でもあるのです。
ここに差を造ることで飲み手にも「違う」という意識を持ってもらいたい。
あと、提供側にも使い分けをしてもらえたらという想いもあります。

例えば地酒や北海道の特産を使った和の飲食店では福司を
道産食材を使った創作料理店は五色彩雲を~など


前も書きましたがアシックスとオニツカタイガーは同じ会社のブランド違いですが
アシックスはスポーツのシーンで
オニツカタイガーはおしゃれのシーンでと
使い分けられています。

日本酒でもそういった使い分けがしやすいようにという想いもあります
これも福司にとってはチャレンジの1つです。


今回公開するにあたって2月を期限にしていました。
1つは仕込み風景の写真を入れたりしたという事。
造っている雰囲気をかっこよくとってもい
蔵の雰囲気が伝わればなというのが1つあります。

2月公開に当たって福司さんにとって大事な日などはありますか?と
聞かれたのですが創業日は4月10日だし・・・といろいろ考えた上の
2月9日です(笑)どうしてかわかりましたか?


そう!2月9日は「フ(2)ク(9)の日」という事で
福司のネーミングにかけたのと、ちょうどこの日大安なんですよね!
縁起いいじゃん!ってことで公開日としました(笑)


公開日まであと2日・・・・
お楽しみに~


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

採用情報バナー
■ 採用情報はコチラから

五色彩雲シリーズのお取り扱い店舗はコチラからどうぞ。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/4498-32f4dea2