fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

明日は活性酒&現実逃避!?

明日は活性酒の発売日、ドキドキしています。
そして本日は海底力の麹造りのため
蔵に泊まり込みです。

12時過ぎると自動で活性酒が飲める!という仕組みはありません
明日の夜まで我慢・・・・



さて、最近noteで目に付いた記事を読むようにしている。
専門的な情報だったりクラフトサケの事や
酒蔵が行うクラファンへの想いだったりも読むが
最近読んでるのは海外のお酒の情報。

本当にいろいろな国があり
その土地土地で進化しているのが読み解ける。
その一方で日本とは異なる文化の中ワインの取り扱われ方や
ビールの取り扱われ方を見て、自国の日本酒についても考える。

きっと実際に現地に行きいろいろなものを見ることで
もっと刺激を受けるのだろうが
なかなか足を運べない。

よろっぱのワインのように
日本でも気軽に日本酒を飲んでもらう環境になるには
何が必要なのだろうか。
どんなお酒なら飲みたくなるかな?
どんなお酒を造ろうか?
そんなことを考えながら次の試験醸造の妄想をするのが
醸し屋にとって仕込み時期の楽しみかもしれない。
ちょっとした現実逃避(笑)

次の試験醸造はそんな現実逃避の延長上になるかもしれないし
将来的にうちの作りの方向性に役に立つかもしれない
とにかくやらなければ何も見えない。

醸し屋の思う未来は、可能であればお酒を飲んでもらう未来だ。
気軽に観光に来たときに呑んでもらう
仕切りの高い酒ではなく、水を飲むのと同じくらい
当たり前に飲んでもらえるのが理想。

イタリアに行ってパスタやピッツァを食べるの同じくらい
釧路に来たんだから飲まなきゃね!ってなるくらい
当たり前のこととして疑いもしない。
そんな酒を造り、そんな酒の文化を育みたい。

よく水のような酒と例えるが
薄っぺらいような意味で使われることもある
でも、水くらい飲むのが当たり前になる酒であれば
その意味合いは大きく異なる。

さらりと飲んでしまう
そんな酒を造りたい。



」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

採用情報バナー
■ 採用情報はコチラから

五色彩雲シリーズのお取り扱い店舗はコチラからどうぞ。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/4464-438caf50