fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

札幌国税局主催新酒鑑評会で金賞を頂きました。

IMG_9857_20230413173934587.jpg


2日間、ブログをお休みさせていただいておりました。
札幌で行われていました、札幌国税局主催
新酒鑑評会の授賞式及び、製造技術研究会にいっておりました。


本年度は道産米吟醸酒の部と純米酒の部の2部門に出品し
道産米吟醸酒の部で金賞を頂きました。
去年のリベンジでとれなかった吟醸でとれましたが
純米は落としてしまうという残念な結果でした。

それでも道産米吟醸酒の部に4種類出品しましたが
内3種類金賞を頂けたので弊社としては久々の重複受賞だったのかなと思います。


今年の受賞は各担当者が力の限り頑張ってくれた結果だったと思います。
醪管理でもいろいろ学ぶことが多かったですね
タンクの都合上小さなタンクで行った仕込みの方は
冷え込みが厳しく出品にまで至りませんでした。
タンク容量に対しての適量がありますますね。
小さい仕込みの際はコントロールしやすいですが
外気温に影響されやすいなど
外的容易で変動が大きく酒質にも影響が出るようです。


ここ数年の傾向と言いますか
私が返ってきた当時は、道産米吟醸酒の部の出品は少なく
ほとんどのお蔵さんが道外の米
特に山田錦を使用していました。
弊社も同様で兵庫県産山田錦を使用していましたが
コロナの影響を受け、全量道産米に以降。
必然的に道内産吟醸酒の部のみの出品になりました。

全体の割合を見ても道外産米を使用した吟醸酒の出品は少なく
ほとんど道内産の酒造好適米を使った吟醸酒で
その中で金賞を頂いたのですが、酒質は山田錦と異なります。
道産米の方が味わいがある吟醸酒です。

山田錦の物と比較しどうかという議論ではなく
「ジャンルが違う」という方が近いでしょう。
その中でも技術的にどうかというのが新酒鑑評会で問われます。
どこのお蔵さんも素晴らしい出来でわずかな差が受賞するかどうかの差になります。


まだまだ道産酒が知られていなですが
そのレベルは徐々に上がっていることは確かです。
道内のお米を使って作られている
道内のお酒を誇り思ってもらえればうれしいです。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/4324-153e9d26