fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

「酒造りは毎年一年生」

今日は今シーズン最後の大吟醸酒の麹造りで
泊まり込みの日となっています。

年ねん、レベルが上がっていく麹造り
(もちろん他の部署もそうですが)
人が育つという事はこういう事かと実感しながら仕事をしています。


SNSでも自己啓発や考え方の記事などを読むことが多いですが
人材についての話が印象に残ったので今日はそのことを少し書きます。
「人材派遣」や「優秀な人材」という使われ方をしますが
人材の意味はご存じでしょうか?

国語辞典には人材の意味が下記のように書かれています。
「才能があり、役に立つ人。有能な人物。人才。」
人材という表記は、材が「材料」という意味を持つことから、
人は会社に取って材料のように使い捨ての存在という間違った意味合いで使われる場合があります。
材は才能という意味があるそうです。

そんな人材という言葉のザイの部分を置き換えて
4つのジンザイがあるといわれているのはご存じですか?

人罪
罪という漢字が使われていることからもわかる通り、
企業にとってお荷物となる人を表しています。実績がなく、成長も見込めない人のことです。
100のうち、10のことを教えても10のことすら出来ないタイプ。

人在
会社にただ居るだけの人という意味です。
過去の実績はあってもそれ以上の成長が期待できず、仕事も回してもらえないような人です。
与えられた仕事はなんとかこなせるが、それ以上に「頭」や「気」を働かせることをしない。
「指示待ち族」のレベル。ただ居るだけタイプ。やる気はあるけど成長性がないのもここ。

人材
会社にとって必要な存在。企業にとって貴重な能力をもった社員、貢献してくれる社員といった意味です。

人財
人は会社の経営資源である財産であるという意味を持つ言葉です。会社にとって利益を生み出す存在であること
やる気もあって成長性もある社員はここに入るでしょう。


どこだから駄目だとかという話ではなく
自身がどうありたいかだと思います。
醸し屋にとって、部下たちは人財です。
そうなってもらうよう、引き上げるのも仕事だと思っています。


部下を育てようとするときに、自分より能力が上で
抜かれるんではないか。と不安に思う人もいるでしょう。
部下が自分を抜くことを恐れてはいけない。
抜かれたという事は自身が優秀だったからだと思えと
何かで読んだことがあります。


製造部1人1人が人財に。
ただ、いつでも人罪になりかねないという初心を持ちながら
酒造りに励んでほしいです。
酒造りの現場にはとてもいい言葉があります。
「酒造りは毎年一年生」
どんな熟練杜氏も毎年一年生で
その年の環境や原料の出来によって左右され
同じ年は1度としてありません。
私たちの業界では誰もが知るこの言葉
初心を忘れないためにもとても良い言葉だと思います。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/4299-2e1c7ca9