fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

寒波ですが、こんな時蔵で使う加温道具

昨晩から風が強い釧路、蔵にいても風の音が気になり
夜の手入れの時に何度も大吟醸の様子を見に行きました。
SNSを見るとどこもこの寒波の影響で醪を加温する写真が
酒蔵で醪の品温を上げる作業で使用る道具がいくつかあります。

1つは暖気樽(だきだる)という湯たんぽのような容器で
お湯を入れて加温します。
主に酒母(しゅぼ)の加温で使用。
使用する目的によって
中に入れるお湯の温度や時間をかえます。
酛屋(もとや)と呼ばれる酒母の担当者の
経験値がここで活かされます。

IMG_8926.jpg
↑これが暖気樽。
これの中にお湯を入れて醪に入れて使います。

2つ目が行火(あんか)と呼ばれるもの
こちらは電熱線でタンクの下部を温める方法です。
暖気樽よりも簡易に温度を上げられますが
タンクの底部全体が温められるため
コントロールが難しい。
長い間入れ過ぎると焦げ付くこともあるので注意。

3つ目が、意外かもしれませんが電球。
昔ながらのフィラメントの付いた白熱電球はワット数によって熱量が異なりますので
目的に合わせて使い分けています。
火事の危険性も少なく安心ですが
最近は省エネの傾向で電球の生産が少なく
手に入りにくくなりました。

実は昨日近くのホームセンターに行ったら
いつも買っているお手頃価格の電球が廃版に・・・
将来的に入手困難になると困るな
他のお蔵さんでも使用しているし
熱源として使用する人もいると思うので
なくならないで欲しいですね。


最後に、加温ではないですが保温マット。
マットを巻いて酵母が発熱する熱を逃がさないようにするのも大事な熱の確保です。

2つ日間泊まり込みでしたが今日は仮出所で家に帰れます(笑)
また明日から泊まり込みですが、帰れる分醪を常時見れるわけではないので
品温の低下が心配です。
上がりすぎても困るけど下がっても困る
出来る限りのことをして今日は帰ります。

」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望ですが高卒でもOKです
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/4277-b6ab2b29