fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

海底力を製造の方から語ると・・・・

明日いよいよ海底力発売日です!
ということで今日は海底力のことを書きたいと思います。

まず海底力と書いて「そこヂカラ」と読みます。
そもそもは福司が全国でも珍しいお米は取れない地域の酒蔵ですが
地酒として、「釧路だからこそ」や「ここでしかできない」という酒を
という考えから生まれています。

日本国内には炭鉱はいくつもありますが
現在も石炭を掘っている稼働している炭鉱は釧路だけで
その坑道に貯蔵しているのもこの海底力だけになります。

そういった思いが込められた海底力は釧路でしか生まれないお酒なのです。
そのかいあってか釧路の方々には認知度がある程度あるのですが
地域外の人には実はそれほど知られていない。
これまた原石的なお酒です。
是非この原石を地域の隠し酒としてお土産や贈答品に使っていただければ幸いです。

kaiteiruki2_20220311172722f55.jpg

で、ここまでは商品の外側の話。
熟成は中身にかかわってきていますが。

製造目線でこのお酒をご紹介しましょう。
まず、弊社の大吟醸酒は現在は彗星使用がメインですが
この海底力は麹に彗星、掛け米はきたしずくを使用しています。

熟成させることを念頭に置いているので、味わいのある大吟醸酒にしようと
原料米を使い分けており、発酵もしっかりさせているので
市販されている福司の大吟醸とは製造上の経過も酒質の着地点も別商品となります。


弊社の一般的な大吟と比べると
原料米のきたしずくの特徴である味わいの他に
味の締まりにつながる渋も少しあり
食事にも合わせやすいかと思います。


例年ですと即完売商品です
オンラインショップでも数が限られていますが
釧路市内などではお買い求めいただけるはずです。

基本的にこの商品は釧路地域で販売し
釧路に来て飲んでもらう商品でもあるので
旅行できない今は、地方にいる方へお土産でご使用いただいたり
贈答で贈り物にお使いいただければ嬉しいですね

今日も醸し屋のもとに
娘さんの結婚が決まり、顔合わせの際にお土産でご使用したいと
うれしいメッセージもありました。

今年の熟成はどうなのか?



全然関係ないですが
ワインは何年ものっていうのがあり
昔生産されたものをさかのぼって飲むことも可能です。
例えば自分が生まれていない時代のおいしいワインを飲むことができる
お金さえあれば。



ところが日本酒ってその時代に生まれていないと
その時のおいしい日本酒には出会えない。
自分の生きている間のお酒しか楽しめないんですよね
そういう意味ではとても貴重で
手に入らなかったり、飲み損ねればもう一生飲めない。

そいう点ではワインと日本酒の価値って反対だなって思います。



」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式)Twitter:  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

醸し屋もTwitterやっているので探してみてください。

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/4092-995863de