fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

仕事の未来と未来の仕事

今週末は暖かそうですね!
夏日になるようで蔵のメンバーも各自いろいろな休日を計画しているようでした。
釣り行きたいなぁ・・・・・



今日は来客が多い日、朝は釧路市の中学生向けに
キャリア教育の一環で仕事の紹介動画を撮影。
撮影するにも日本酒の説明から
おとなに説明してもなかなか分か辛い仕事なので
取材する方も大変そうでしたが
発酵や文化の話を交えながら酒造りという仕事について話をしました。


午後からは設備関係でIotなどの活用の話。
酒蔵にIotを活用するのは全国的にも盛んで
少しでも負担を減らし伝統的な職人の世界から
現代的な仕事場に・・・・


畜産大にある上川大雪さんでは仕込み期間中も
月に8日間の休みがあるそうです
業界からしたら現代的だな・・・と思います
福司と生産しているタンクの大きさ等の違いも大きいですし
設備も違うからでいることもありますが
製造管理者の考え方も現代的に対応していく事も大切ですよね。

品質のいいお酒を造ることは
職人として大切です。一方で従業員の疲弊は
結果的に品質に関わりますし
モチベーションにも関わります。
福司も徐々に冬場の休みを増やすように製造のシステムを見直したりしています。
夜の作業も負担が減るようにIotの導入も検討。


よい酒を造るために頑張るのではなく
より良い酒を造る環境を整えることで
結果的に質を上げることがこれかの酒造りの現場には必要です。


メリハリをもって、コントロールする。
未だに休みなしで働く蔵も多いでしょうが
未来的には後継者や下が育ち辛い環境になってしまうので
先を見ると環境の整備も大事ですね。


酒造りだけではなく
職場つくりも大切なだなとつくづく思います。


未来の仕事はAIにとってかわられると言われ
子ども達は未来に残る仕事は何なのか?と考えると思います
未来に残る仕事を考えるのではなく必要になる仕事を生むことが当たり前の世の中になるでしょう
やりたいことを仕事にする時代で
その仕事につくことを夢見る時代じゃなくなるんだと思うんです。


やりたいことがあればそれをどうしたら仕事にできるかを
考え実行する能力が今後必要な気がします。
仕事がなくなるから大変だというよりも
君たちはやりたいことを仕事にできるいい時代になるんだと
子どもに言ってあげるほうが未来は明るく希望が持てるのでは?
と私は思います。


」」」」」」」」」」」」」 SNS情報 」」」」」」」」」」」」」」

● 福司酒造 製造部(公式):  @fukutsukasa_
● 醸し屋のInstagram : @fukutsukasa.kazuma

福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社







Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3959-947a0135