fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

甑倒し迎えることが出来ました。

先週の土曜日、無事に甑倒しを迎えました。
コロナ下で大変な時期ではありますが
このように今シーズンも酒を仕込むことが出来たことに感謝です。

例年よりも短い期間の仕込みでしたが様々なことがありました。
変わっていく世界に対して
自分たちも順応していく力が必要でしょう。


今年は醸し屋も含め今までよりも濃い様々な経験を積むことが出来ました。
爽快で軽やかな1っ歩ではないですが
前進したことはわかります。
そして今年も課題と解決の方向を見つけることが出来たことも大きいと考えています。
どうしていいかわからず、見通しがつかない状態ではなく
まずここから始めよう。
まずはここを変えようと、改善点が見つけられることが大事だと思っています。


うちくらいの規模の仕込みだと寒い時期にまとめて仕込んでいくので
微調整をして整える間があまりなく、仕事に追われることが今まででしたが
今年は1本ずつ経過を変えながら仕込みを行いました。
良い傾向の酒のデータは来年も活かしていく予定です。


最近、子ども達の教育について調べる機会がありました。
醸し屋のような昭和世代は町内会があったりして
盆踊りがあったりラジオ体操で学区の違う人や学年の違う人と交流したりもありましたが
今はそういった体験をする機会が減っています。
子どもの頃はあまりきがつきませんでしたが、そういった多種多様な年代や性別の人と触れる事で
自分たちの世界観が広がったり、社会にルールがあることを学ぶ機会になっていました。

現代の子ども達は知識こそすぐに調べれば出てきて覚える必要はありません
自分の興味のあることを学びやすい環境になっているので
得意分野を伸ばしやすいという利点がある一方
自分の苦手なことは避けて生きることが出来てしまいます。
その結果、課題にぶち当たった結果その課題を解決するのではなくよけるすべを知っています
逆に課題が出てきても解決に導く能力が育っていないそうです。


道具はそろっているのにそれを使う技術を培う場が昔より減っています。
人間関係が複雑化するのも面倒な世の中ですが
人は人でしか磨かれないという言葉通り
経験でしか得られない知識や体験を僕たち大人はあえて子ども達に与えることを
忘れてはいけないような気がしています。
それは自分の子どもだからとかだけではなく
地域の未来の課題に対しても様々な意見を聞き、複合的な考えから解決へと導く力。

醸し屋は製造部の社員にもそういう経験をしてもらい
色々な考えや機会、環境に触れ
好奇心を常に持って仕事をしてもらいたいと思っています。


そのためにも自分がそうあれるように!!!
ワクワクを見つけれる大人でありたいですね!


福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社




最後まで読んでいただきありがとうございます!

仕込みが終わったってことは・・・・
体を動かす機会が減るので
自発的に運動するようにしないと・・・・もう若くないから・・・(笑)

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3884-04afd72b