fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

あけましておめでとうございます!

A3D3F474-A6E0-4526-B41C-CD3EC4610C81.jpg


新年明けましておめでとうございます。
福司では本日より仕事始めとなり
久々に製造部一同顔を合わせて仕事をしました。

正月期間も醪は発酵しているので
仕込みに関わる仕事以外は通常通りとなります。

数日間、蔵で一人で仕事をするのですが
今年は特に冷え込みが厳しく大変でした。
水は氷るし蔵の温度もどんどん下がるし・・・・
出来る限りのことはしますがここまで冷え込んだの今までないですね。


そんな蔵の元旦はまず松尾様のお参りから始まります。
醸し屋は元旦から会社に来ていたので
他の製造部のみんなより一足早く拝み
新年の醸造と安全の祈願を行います。
その後【若水(新年初めの井戸水)】を汲んでコーヒーを飲み邪気を払います。

釧路ではあまりなじみのない若水の文化ですが
祖父から引き継がれている習わしです。

皆さんの家にも元旦や大みそかに行う習わしなどはございますか?
是非そういう文化は大切にしていただきたいと思います。
日本酒も日本の伝統文化のひとつであり
その文化1つ1つが無くなれば、日本酒の役割も
ただのアルコール飲料となってしまう事でしょう。


日本酒は本来、神様にささげるために作られるもので
清めたり、神様と繋がる飲み物として崇められてきました。
そこから文化が発達し人と人を繋ぐ飲み物として多くの方に愛されてきたわけですが
文化的一面も残していきたいと思います。


あと、醸し屋の個人的な興味として
各家庭の正月料理ってのも気になりますね!
近年ではお節を作らないで購入したり
お正月料理を作らなくなってきているかと思いますが
昔から食べているお正月料理ってのはきっと自分のご先祖様のルーツを知るいいツールの様に思います。
お雑煮も各地で入れるものが違ったりしますから
自分のルーツを探る1つの素材になりそうです。


醸し屋の家は今年いつもと違うお正月になりました。
ある意味こうやって文化が薄れたり伝統が途絶えたりするのかもと
少し悲しくもなりますね。

お正月料理ってその時しか食べないからこそ
大人になったときに思い入れが深まる気がします。
とは言っても、何かが無くなれば何かが生まれるものです。

ここ数年、なぜか醸し屋の家では大みそかはすき焼きになりました(笑)
新しい自分の文化を作るのもありかもしれません。


福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社




最後まで読んでいただきありがとうございます!

皆様にとっても良い一年になりますように!!!

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3842-12b46175