fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

今年の活性酒は「ゴクゴクコロリ」

018F6D28-43E7-430B-A249-4EB211965E5D.jpg

12月に入りましたね!
今年の仕込みももう一か月終わったんだとつくづく思います。
仕込みが始まってから1か月も経つと
搾りの工程も入ってきて、より仕事も複雑に
時間のやり繰りも必要となります。


現在は活性酒の発売に向け仕上げ時期となっていますね。
今シーズンの活性酒は例年より仕込み量を減らしています。
コロナの影響で忘年会なども少なくなることが考えられるので
致し方なく・・・・・
ロスを出すことが出来ないお酒なのでなおさらです。
出来る限り美味しいうちに飲み切っていただきたいです。


気になる今年の仕上がりですが

醸し屋的に表現すると
「ゴクゴクコロリ」ですね。
DAIGO風に言うとGGKです(笑)


どういう意味かというと
ゴクゴク飲めるヤバい酒ですよってことです!!!
更に飲み過ぎて知らない間に記憶を無くすか
寝てしまうでしょう!!!
そのくらい飲みすぎ注意予報出しておきます。

爽快に飲んでいただける濁り酒となっていますので
皆様お気を付けください!!!!!


蔵では毎日蒸かしあげています。
今年から甑の担当になったツヨシ氏
昔短い期間甑の仕事はしていましたが
久々の担当です。

甑を担当して1か月ですが
まだまだ習得には時間がかかりそうです。
米を掘るだけと言えばそれまでですが
ただ掘るだけの作業ではなく
いかに早くそしてきれいに掘れるのかというのが仕事です。

本日も醸し屋に注意されながら米堀りの腕を磨きます。



そんな醸し屋も今年から新た醪の管理の仕事が増えて(笑)
未だにコツを掴みきれていないのです。
最初の数本の醪では苦労していましたが
最近は気温が下がってきてくれたので、
かなり楽になっていますし安定してくれています。

糖化と発酵のバランスの難しさをひしひしと感じるわけです。
ワインやビールは同じ醸造酒としての扱いですが
単発酵なのでいろいろ読みやすい部分があります。
はじめの糖分量に対してどう発酵させていくかを管理するだけです。

しかし日本酒は糖化も一緒に行われているので
そのバランスを見ながら管理する必要があるのです。
毎日作られる物質と消費されるバランス
同じ減り方でもつくられていないだけなのか消費が早いのか
そこを見極めるのも日本酒の難しさです。
改めて複雑な酒だなと思うわけです。


福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社




最後まで読んでいただきありがとうございます!

安静にしていたつもりが
床に置いてあるものを取ろうとして
またまたピキっ!と腰にダメージ
湿布をはって過ごしていますが
早く良くならないかなぁ。

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3824-2e6ad9b5