FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

普段通りでは得られないこともある

開始3~4日で240以上のフォロワーさんから
福司酒造 製造部(公式)Twitterがフォローされています。
まだ慣れていないので、毎朝の蔵の様子や地域の様子をつぶやく程度です。
更新している社員も昼間は一生懸命仕事しているので
休み時間とか帰りくらいしかつぶやけていませんが
長い目で見てあげてください。
とりあえず毎日のようにあげるところから始めています。


試験的麹造りも無事に出麹までこぎつけました。
予定外の出来事から予定よりも過酷な麹造りとなったのですが
去年最後の最後で試した手法を用いてみたら
これがかなりい感じで進んでびっくりです。

3899A749-117C-4896-BB3B-8FC0C8FAEBE3.jpg


麹造りにはある程度かたちがあります。
私たちのような蔵人が読む教科書的なものに
温度経過やその目的などが書かれていたり
文献を調べると実験や対策なども書かれています。

ただその多くは山田錦を主としたデータであり
道産米で同じ経過でいいのかというとそういうわけではありません
そこら辺を各蔵の杜氏さんがしっかり押さえていて
各蔵の個性となっているのだと思います。

醸し屋たちの様に熟練とは言えない蔵人は
どうしてもこの教科書的なものを参考にして
一生懸命いい酒を造ろうとして・・・・失敗するんですよ。
教科書は道産米に対応していないので(笑)
それに吟醸酒とかのデータなので(笑)


教科書の内容をかみ砕いて飲み込んで
そこから自分たちなりに考えていかねばなりません。
そういった仮説と実証の繰り返しをしています。

一点を突き詰めるやり方というよりも
柔軟に対応するため、様々な方法でどうなるのかを試して
蓄積しているイメージです。

なので普段通りでは得られないことが
試験的な場面では得られます。
もちろんも全部が全部試験的ではないです。
突き詰める部分の酒造りは突き詰める
可能性を広げるものは冒険をする
過酷な状況だったからこそ極端な操作が発見を生んでくれることがある
気が付かされる令和2酒造年度です。
本日は蒸米はお休み。
この間に放冷機やエアーシューターの準備をしてもらいました。
来週からはいよいよ酒母や醪の仕込みが始まります。


そうそう、洗米の新システム導入は
2日目にして安定してきました。
いろいろとぶれる部分を削って
シンプルにしたのが結果に出ています。

はじめから欲張るなってことですね(笑)


そうそう、先日カードゲームでSDGsを学ぶ講習会に参加しました。
これが結構いろいろな発見があって面白かったんです。
先輩に教えていただいたんですが、
これはいろいろな視野が広がるような気がするので
社員教育にいいなって思いました。

そこに気が付いて自分のものにできる人と
そうではない人がいるとは思いますが
学べる人にとっては気が付きがあると思います。
その話はまた今度



福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社




最後まで読んでいただきありがとうございます!

もう少しで10月も終わって今います
秋のお酒はもう少しお待ちください・・・・

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3805-c7412fe8