fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

「当たり前」の見直し

ルールや決まりがどの会社にもあると思います。
昔から引き継がれており、「そうやるもんなんだ」というものです。
前任者から教わったからやっている事で
その前任者もその前の前任者から教わってきたもの
よく言えば伝統となるのかもしれないそれらのことは
時に悪しき伝統宇のこともありますよね。


そんなことに対しても「WHY?」を投げかけることが重要です。


特に長年仕事をしていて
その出来事が当たり前になっている人ほど
その部分が当たり前になって「WHY?」と思えなくなっています。
新人ほど「WHY?」と思うことが多い。

好奇心が強い人も「WHY?」と自問自答して
謎解きをしてくれます。


そんな、時に開かずの扉のような伝統?も
あるのではないでしょうか?
皆さんの周りにもありませんか?


製造部にも実はあったんですよ。
今までマニュアル化のような状態になっていた濾過を
今までよりも丁寧に、より精度を上げていこうと
今シーズンから挑んでいます。

ここ最近は毎日のように事前に行う試験(実験)や利き酒をしています。
良い状態で出荷するためにはどうしたらいいのか。
実は出荷の最終段階である濾過は非常に重要な仕事です。
適切な処理を行わないとせっかくのお酒が台無しです。
そこでより細かな区分で濾過を行い制度を上げようとしたらびっくり
想像以上に変化が大きい!
目からうろこでびっくりしています。
本当に些細な違いが酒質に出てきていることが分かったのです。

これはもっと突き詰めればよりよい状態で出荷ができる!!!
いい勉強になりました。

F5BD61A4-B8C2-47D8-9D6A-25B2BAEED8E4.jpg

担当者もきっと驚いていることでしょう。
数年前からその話はしていたのですが
より丁寧にしたいのでと説得し、今までのやり方を当たり前と思わないで欲しいという話をしました。
もちろんより手間がかかるので、初めはいい顔をしていないように感じましたが
こう実際に酒質に出てくると
本人も今までと変える必要性に気が付いてくれたんじゃないかと思います。
作業としてとらえるのではなくプロフェッショナルになって欲しいと伝えました。
まだその道のりは遠いですが意識を少しずつ変えるきっかえになっているように感じます。
醸し屋自身もより丁寧に作業に関わるようにし
チェックも細かくするようにしています。

コロナの影響で仕込み数は大幅に減りますが
仕込み以外の部分でも品質を上げる努力はできるはずです。
昔から受け継がれている「当たり前」を見直すこともとても重要です。

昨日話を下時代が変化しているのであれば
自分たちが変化に対応していく準備が必要なのです。
変わることを恐れるのではなく、変わらないことを恐れ
常に投げかけることが出来る製造部でいたいと思います。


来週は健康診断・・・・
衰えが出ないことを祈ります(笑)


福司のYouTubeまだ見てない方は、
↓こちらの画像にリンクを貼ったのでクリックしてください!
サムネル
「くらびとチャンネル」

【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
■営業希望の方も募集中!
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社




最後まで読んでいただきありがとうございます!

母からお誕生日の礼の連絡が来ました。
喜んでくれてよかった!

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3791-b8537657