FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

今日も寒い。

C3F40651-819F-40D9-B5A9-E501EEAB2E52.jpg

今日も冷え込んだ釧路。
今シーズン最低気温という話です。
蒸米が冷めるのも早く作業を手早くやる必要があります。


この時期は蔵人もMAXになり人でも増えるため
蒸米が冷え切る前に人海戦術で蒸米を運びます。

人手がいるときで良かった!!!!

と思うのもつかの間。
どうやら2階に蒸米を運ぶ際に使用している
ウインチの調子が良くないです。
簡易のエレベーターのようなものですね。

そこに甑から掘った蒸米を載せて2階へ運びますが
このウインチが止まってしまうことが最近頻繁に起こります。
そうなると残された手段は人力で2階まで運ぶこと。

蒸米を担いで酒蔵特有の急な階段を上り下りです。
こんな時は若い26歳の蔵人が頑張ってくれます!
でも2人のうち一人は体を動かすのを極力避けたがります(笑)
体力少ないので温存傾向にあるようですが
もう一人はやる気満々(笑)
飯を食う量も倍以上違いますしね(笑)


体をなるべく動かしたくない26歳もやらなきゃいけないときには頑張ります(笑)
この差は何だろうなぁっと思いますが
体力のない若者の多くは学生時代に部活をやっていない人が多いかも。
基礎体力は学生時代の部活で養われているのかもしれません。


根性論の話をするのは大体が昭和世代ですが(笑)
今の若者にそんなのは全く通用しません。
昭和世代は、今の若者と生きてきた時代が違うことを確りと理解しないといけません。
彼らは歯を食いしばることは必要ないと教わってきているのですから。
なので修業や下積みなんかを我慢できる人もかなり少ないと思います。


中途半端に昭和人の醸し屋にとっては
それで得てきた事柄があることも知っているので
なんとも複雑ですがね。


どちらにしても不便は
普段の有難みを知るチャンスですね。
これがあるおかげで米を担いで階段を上らなくていいという(笑)


【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社




最後まで読んでいただきありがとうございます!

酒造りはチーム戦。
きっと個人の仕事だけだったら
自分のペースでできるんでしょうね。
チームで動かないといけないからこそ全員の息を合わせることも必要な仕事です。

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3644-bdeff3ee