fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

窓から見える「北の国から」

節分と時を同じく
雪景色の釧路
製造部の窓からはこんな愛らしい様子が見えました!


4EE28B3A-B042-41D8-ABD5-BD8935B5BCD1.jpg
EE70133D-6B82-4B06-A187-5D8164A8431F.jpg


2匹のキタキツネが窓際でじゃれあっています。
兄弟の狐なのかな?
たまぁ~に窓際を通る動物がいますが
この時期ではキタキツネくらいでしょうか。

夏にはエゾシカの群れが横切ってったこともあります。
とはいっても蔵は釧路市の中心街から車で10分ほどで
そこまで田舎でもないのですが・・・


自然豊かな地域ですよね。





今日は久々に酒母担当者がお休みなので
酒母の櫂入れをしてきました。
ついでに気になったところなどを掃除したり模様替え!
担当者居ないのに(笑)


「今よりもよくしたい!」
ということを常に考えながら日々過ごす
それはお酒の質だけではなく、仕事の効率化などもそうです。


先日、麹室でネットフリックスの話になりました。
月額料金を払うとネットで映画などをみれるサービス。
そこでクリストファーが面白かったですよ~っと言っていたのが
「二郎は鮨の夢をみる」というドキュメンタリー。


クリストファーはそういうのが好きで
美の壷とかもよくチェックしています。

醸し屋は海外の旅番組やらが好きですが
今回はクリストファーおすすめの二郎さんを見てみました。
職人の話で、ザ職人!という内容が描かれています。


自分たちの世界ではどういう事だろうとかを
考えながら見ると共通して見えてくるところや
考え方があります。

この考え方は職人としての考え方になるのかと
細かな気が付きが生まれました。
自分の中の譲れなかったものとかがそういう気構えとしての意味があったのかもしれないと
自分自身で気が付くことや
職人だからこそそう考える部分が出てきてしまうのだろうなと思う部分。


逆不足している部分にも気が付かされます。


他にも海外の料理人のドキュメンタリーも面白かったです。
その地域の食材や食文化について考えさせられる時間となりました。

文化を客観視して見せてくれる
そこから見えるものもあるのかもしれませんね。



【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社




最後まで読んでいただきありがとうございます!

窓際に鳥用の小箱とかあれば癒されるだろうなぁ

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3643-68f452b7