FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

同じ米?

4A068B74-F5D4-4FF0-BCFF-5BFBC6994C0A.jpg


大吟醸酒の麹造りは
普段の純米酒とかとは造りが違います。

福司で作っているお酒の大半は純米酒です。
全量ではないのですが
その他の1つが大吟醸。

大吟醸酒は酒造りの基本として多くの文献や教科書にその製法が乗っています。
より品質の高いお酒として・・・・
必ずしも大吟醸酒が一番というわけではない。
昔はそういう時代もあったけど
今はそうではないでしょう。


同じところに向かうっていう意味では
技術力をはかるのにはいいと思います。
同じ土台に乗るっていう部分ですね。


今年の彗星は使いやすいかもしれません。
ここ数年の中で今のところ一番よさそう。
割れも少なく、麹造りもしやすい印象です。
癖が強く似ないというか・・・・


同じ品種でも産地によって大きく差が出ます。
特に北海道なんかめちゃめちゃ広いので
農協ごとに大きく違います。


おそらく各農協さんで何件かの農家さんのお米を集め一緒になっているのではないかとおもいます
洗米していても米の吸水がすごくばらつくところもあるんです。
吸水がばらつけば品質もばらつきます。
バラツキの幅が大きければ大きいほど
酒質も大きくぶれてきます。


「同じお米」


品種が同じだから同じ米なのか?
私たちは産地や生産者、土壌の成分
肥料の量などの違いを酒つくり内で感じることがあるんです。
それは米の触り心地、硬さや水の吸い方
お酒になってからの味わいなどで
なんでこうなるのだろうかと調べます。


今年の気が付きは
来年の自分にのためにノートに残す。
製造部の社員にもメモを取ることや
今日のことを書き残すことを言っています。


今日の自分や明日の自分のためではなく
一年後や二年後、下手するとそれ以降の自分のために
情報をより細かく残します。

人間は忘れる生き物。
だからこそ忘れえても思い出せるくらいの資料を残すことも仕事です。


【蔵人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

もし、福司で働いたらどんなライフワークが待っているのか・・・・
そのヒントはこちらをご覧ください!
蔵人が釧路の暮らし方をイメージして作ったPR動画です!
https://www.youtube.com/watch?v=ctckc8eBNGE

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社




最後まで読んでいただきありがとうございます!

活性酒・・・今年もなかなかの出来になりそうです
個人的には好きですね
ぐびぐび行けちゃう、ヤバい酒になりますよ。

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3608-dab9d2f2