FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

しばれる日が続きますね~

IMG_7879.jpg


寒い日が続いていますね。
蔵の中も週末はすっかり冷え込み
室温を保つためにストーブを使ったくらいです。
あまりの冷え込みに、醪の温度が少しずつさがるようなこともあります。
サーマルタンクのある部屋は-6℃まで下がりました!


仕込みの際もいつもよりも品温が下がるのが早く
作業もゆっくりしていたら冷えすぎるくらいです。
大吟醸の仕込みの時の寒くなって欲しい日は暖かく
そんなに寒くなくてもよい日に限って寒い(笑)
酒造りはそんなにうまくはいきませんね。


今の時期は搾りが落ち着いており槽場(ふなば)出の作業がないのでいいですが
あるときは足の先から冷え込み、感覚がなくなるほど寒いです。

(槽場というのは、お酒を搾る機械がある部屋で
昔は搾る機械を「ふね」と呼んでいたことからこの名前がついています。
なのでお酒のしぼりを担当する人を「船頭」と呼んでいたそうです。)


寒い話ばかりになってしまいましたが
2018年の日本酒輸出量が前年比10%増という記事を見ました。
おもな輸出国はアメリカや香港、中国、韓国、台湾となっています。
9年前と比較すると、輸出金額は3倍、輸出量は2倍!
最も多いのがアメリカで、現地で酒造業を営む企業も多いためとかいていました。

資料を見てびっくり
カナダも入れて14蔵もあるんですね!!!
北海道の酒造場より多い(笑)
大小は様々でしょうが、海外に酒造場が増えているということは
それだけ日本酒の需要も伸びているのでしょう。

ちなみに、海外で作られた日本酒は、日本酒とは呼べません。
日本で作られたもののみが日本酒と呼んでいいという決まりになっています。


では何と呼べばいいのでしょうか?
SAKEですね。酒は世界の共通語になりつつあるという事です。
福司も輸出のお話はいただきますが
数量そんなにたくさん作れないのでお断りすることが多いです。
地酒が地元に無くて海外で飲むようになったら
それは地酒じゃなくなっちゃいますからね。

目先のことではなく地酒としての役割をしっかりと果たすことが大切かと思います。



【求人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社



最後まで読んでいただきありがとうございます!

一度アメリカなどの日本酒事情を見に行ってみたいですね。
どんなふうに飲まれていて
どんなふうに楽しまれているのか

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3433-5e70ba76