FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

まだ終わってないけど。福司で酔いお年を!

蔵も少しずつ新年に向けて大掃除が始まりました。
仕込みは29日まで続くので最終的な片付けが終わるのは30日となります。
その前に麹室などは先に作業が終わるので
本日片付けが始まりました。


お正月でもなければこんなに長期間仕込みを休むことはないので
掃除をするにはうってつけです。
福司ではタンクの個数の関係もありますが
一回りしたら一息つけるような仕込み計画にしています。
体的にという意味もありますが
大きくはたまっている仕事を片付けられる日でもあります。
タンクの洗浄や毎日使うものの洗浄ができるのはこういうタイミングです。
とはいっても、休みになるわけではないのですが
「整える」という意味ではとても重要かと思っています。



毎日忙しいと毎日が惰性で動いてしまいます
仕事が作業になってしまい、右から左へ
毎日をこなすだけになってしまい
いつの間にか今シーズンが終わってしまいます。



正直、毎日機になっているけど手が回らない!!!ってことって
現場にいると沢山あるんですよね。
それが見えているうちにやれるようにしてあげないと
やらなくて当たり前の環境へと悪循環になりかねません。
メリハリをつける時間を生むことも大事だと思います。


IMG_7558.jpg



温度計は-3℃


これは冷蔵庫のなかでも屋外でもありません。
実はここ蔵の中の気温です。
お酒を搾る部屋の本日の気温(昼間)
暖かい地域ではお酒を搾る部屋も冷蔵庫内で搾られます。


これは酒粕とお酒に分かれるときからお酒の劣化が始まるという考えがあるからです。
より鮮度を保ち、おいしいお酒を皆様に届けるには
搾ったタイミングから冷蔵し、温度管理する。
特に生酒の場合はシビアに考えるお蔵さんも多く
空気に触れさせないためにビン詰めまでポンプを使うのは
1度だけと決めているお蔵さんもございます。

ただどこの蔵でも設備投資をしてすぐさま最新蔵に!というわけにもいきません
もちろん福司も少しずつ時代にあったお酒を造りをするために
設備を入れてもらっています。


ただ・・・・福司のお酒を搾る部屋は冬場ほっといてもこんなに寒い・・・
水を撒けばすぐ凍る。タオルも洗濯して干すとカチンカチン!!!(笑)
ここに冷房設備はいりません!
天然の冷房設備で今シーズンもお酒を搾ります!!!


そして!!!
ここでの作業は本当、体にこたえます。
足先も神経がなくなるくらいの寒さ。
今日は靴下二枚はいたのですが・・・・やっぱり三枚はかないと厳しいな(笑)
例年ですと足が冷たいので、防寒用の足につけるものをつけますが
今年まだ買いに行けてない・・・・


来年までに買いに行かないと。
今年の蔵の作業はまだまだ続きますが
ブログとしてまた投稿するかはわかりませんので
とりあえず記載しておきます。


本年も大変お世話になりました。
来年も福司のお酒と、蔵と蔵のメンバーをどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年を!!!!




【求人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社



最後まで読んでいただきありがとうございます!

年末年始はもっと寒くなるそうですね!!
みなさん!福司で酔いお年を!

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3409-b05c89c6