FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

久々の菰樽つくり

IMG_7556.jpg

菰樽造りもそろそろ終わるころ
今日は久々に菰樽をつくりました。
仕込みも麹の引き込みは昨日で終わり
年内は残り1本の醪を仕込むのみです。

いつもはツヨシ氏に任せていますが、今日はほかの作業をお願いしていたので
本来つくる予定だった菰樽を醸し屋が作りました


菰樽は菰を縄を使い編んだり縛ったりしてつくられます。
結び方などを覚えないと作れないので
製造部で作れるのはツヨシ氏と醸し屋だけだと思います。


醸し屋が入社した当時は、4斗樽が何本も出ていましたが
近年は4斗樽はめったに出ません。
ほとんどが2斗や1斗ですね。


4斗と聞いてどのくらいの量のお酒が入っているのか
分からない方もいると思うので、今日は日本酒で使われる単位をご紹介します。



業界では昔から蔵の製造量を聞く際に「何石くらいなんですか?」というような聞き方をします。
2000石くらいですとか1500石くらいですなんて答えるのですが
これは製造数量のことです。


1石=10斗
1斗=10升
1升=10合

つまり  100合=10升=1斗=0.1石

1斗は一升瓶10本分なので、4斗なら40本分
お銚子一合で考えると400本分ですね(笑)

今の時代みんながみんな日本酒を飲むわけでもないので
かなりの人数が集まらないと4斗樽を開ける機会はないのかもしれません。
でも、やはり大きな菰樽を使っているのを見たら
とても力がある団体だったり会社だなぁと感じますね。


新年、樽酒を見たらぜひ飲んでみてください
とても演技がいいように思います。


明日は今年最後の蔵カレーの日!楽しみです!!!



【求人募集のお知らせ】

福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を随時募集しております。
Iターン希望者・Uターン希望者の方はもちろん、
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
空港やJR、高速道路など田舎過ぎない田舎で
仕事とライフワークのある生活をしませんか?
まずはお問い合わせください!

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社



最後まで読んでいただきありがとうございます!

皆さん年越しそばっていつ食べますか?
うちは大みそかの夕飯なんですよね
やはり年こすときに食べてるんでしょうかね??

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3408-a3463632