FC2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

作業終了後はみんなで数学の時間

すっかり秋の気温になってきました。
来ている服も上着が必要になり
外に出るのが面倒な季節になってきましたね。


今シーズンの仕込みを約一か月後に控え
製造部では仕込みの話が出ています。
特に今日は様々な計算式(算出方法)を検索して答えを探していました。


また、大吟醸の洗米方法の検討も行い
製造部みんなで角度計算を行ったりしていたのですが
その中で、転落角という言葉があることを知りました。
昔なら知りたいことが載っている本を探し入手するのも困難ですが
現在では検索力があれば様々なことを勉強することができます。


醸し屋も昭和の人間ですが、
現代の若者と自分たちでは、本当に生活の仕方や
学び方までもが違うなということをつくづく思います。


今の若者は「検索」する力がすごい。
わからないことがあればすぐ調べる。
気になることがあればすぐ調べる。
そしてすぐ自分の知識にする。
なので、ものすごい勢いで成長もしている気がします。


その一方で、PCやタブレットによる検索のため
ヒトを頼ることや人との接点がかなり少ない。
便利になっているから気が付くことのできないことも多くなってきているんですよね。
昔なら脈々と受け継がれてきたことや
いろいろ教えてくれた上司や先輩との交流が今はない。

今、人が人に教えれることは限られてしまっているのかなと思います。
同年代とのふれあい方と、今の若者への接し方は
異なっているのでしょうね。


もっと不便を楽しむことを楽しむのも大事なのかと思いますし
そこに需要がある気もします。
例えばキャンプなんかは不便を楽しむことじゃないかな?
火をおこしたり、寝る場所を決めたり
テントを組み立てたり、水を汲んだり
限られた食材で料理したり。

それがちょっとした贅沢というか
楽しい遊びなんですよね。



そういえば、今度蔵で働いている人を対象に
ボーリング大会を行います!!!
しかも、この企画はパートさんが「やりたい」って言ってくれた企画。
パートさんが社員やみんなとの交流を自らしたいと言ってくれる会社って
いいと思いません!?(笑)


「めんどうだ」「お金だけもらえればいい」じゃなくて
働く場を楽しみにしてくれること。
楽しんで働いてくれていることは、社員としてとてもうれしい。
そういう会社で仕事ができることもうれしいし
その思いをみんなが持っていてくれるといいですよね。


「かずまさん、個々を変えたいと思うんです。」って
提案もしてくれたんですよ。
これもうれしい!


もっと、もっといい職場つくりをしていきたいと思います。
酒造りは人づくり。
人間関係はとても構築するのが難しい
だからこそ、いい空気を作りたい。

最近知った言葉
親友が言っていた言葉ですが
「近き者よろこび、遠き者きたる」


近くの民が喜びしあわせなら、遠くの民もそれを聞いて集まってくるという
孔子の言葉だそうです。



福司ではあなたが来るのを待ってますよ!!!(笑)





【求人募集のお知らせ】
福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を若干名募集しております。
新卒者も歓迎!弊社では様々なことにチャレンジする機会を設けるようにしています。
酒造りだけではなく様々な経験をしたい方!
まずはお問い合わせください!

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社



最後まで読んでいただきありがとうございます!

覚えたことはすぐにアウトプット(笑)
なんだかバタバタですが
仕込みまでの期間が勝負や!!!

今日も応援クリックお願いします!!!




banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3352-6f8e9c19