北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

醸し屋酒場放浪記?

IMG_5568.jpg


今年度の全国の新酒鑑評会の発表がありましたが、
入賞したものの、金賞をいただくところまでは行けませんでした。
課題として思い当たるところもあるので、
来シーズンはしっかりとその課題をクリアし
くしろの地酒として誇っていただけるお酒になりたいと思います。



その課題の1つが、昨日に書いた麹室の環境を整えること。
より効率よく、理にかなった環境をつくることを目標としています。
今回の改良によって、麹つくりもレベルアップするはずです。
良い麹を造りやすい環境を整えれるはず!!!

今のところすべて製造部で行う予定ですが
考えて行動すること、新たな発想をすることを大切に
仕事をしていきます。



昨日、AIやIoTの話を聞き、某お蕎麦屋さんとお互いの職業の
機械化について話をしました。
食品業界というくくりでは、あまり同じ仲間がいない中
「味」などの観点でいろいろと話を聞かせてもらえて楽しいんですよね。


その中でお蕎麦も自動で打って茹でるところまでの機械があるそうです。
しかし、その機会は小麦が多いからできるけど
そば粉が多くなればその機械では美味しい蕎麦はできないと思うとのことでした。
それは、そば粉そのものの質が、その年によって異なることや
湿度や粉そのものの水分など、配合量だけでは測れない部分があるようです。


日本酒も同じ部分があります。
その年の米の質などで給水時間も異なりますし
蒸米の吸水、手触りなどで麹の温度経過も変えます。


再現性という意味では
同じものをつくることは大事なので
そもそもの再現性が取れていないだけといえばそうなのかもしれません。
しかし、厳密に言うと異なるのは事実です。

(実際若手が多い蔵では技術習得をするために
再現性を高める必要もあると思います。)
福司ではここ数年、様々なことにチャレンジしてきていました
(実は実験的に・・・)
それも少し落ち着きつつあるので
これからは再現性も高めることもできると思います。
その意識も知識も少しずつ高まってきているのを感じます。


そういう意味でも、徐々に青臭い製造部が熟し始めてきたのかな?(笑)



IMG_5569.jpg

久々に、醸し屋酒場放浪記?なんちゃって(笑)
昔、赤ちょうちん横丁にあった、たこ焼きのはじめさんが
末広の端っこでお店を再開しました。
結構、ずっと待っていたんですよね(笑)
あのたこ焼き、なんか食べたくなるんですよね~

醸し屋のおすすめはポン酢!(笑)
さっぱり食べれるポン酢で
何個でもパクパクいけます!!!


いい意味で、お店はけっこうディープ!
なかなか若者の一見さんは入りにくそうな感じが
またいいんです(笑)

でも、マスターは本当に仕切りの低い人なので安心してください!!!
のんびーり、おだやかぁ~にたこ焼き焼いてくれますよ!
隠れ家的な感じもいいです!
福司もあったはず!みなニコリは定番で置いてくれていますよ~



【求人募集予定のお知らせ】
2019年度 の採用募集を2018年6月頃より行う予定です。

募集方法・募集内容は、決まり次第ブログにて行います。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   未定
■仕事内容   未定
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

今日、本場韓国のキムチをいただきました!!!
仕込み中は食べれませんが今シーズンならOK!!!

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Comment

すがもん says... ""
金賞ならず、残念なところですが、入賞したのでまずは昨年から一歩前進なのでしょうか。
山田錦の斗瓶取り、とても美味しかったですよ。
来年も期待しています!
2018.05.17 19:14 | URL | #Nj5Ftab. [edit]
醸し屋カズマ says... ""
> すがもん様

コメントありがとうございます!
来年こそは金賞をいただけるよう、今から改善策をしっかり立てていきたいと思います。
コツをつかむまではまだ道のりは長そうです・・・。
2018.05.18 17:00 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3276-13e3e622