fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

写真解説「ポン!サッ!パッ!!」

記念すべき36歳の夜は会議が日付をまたぐまで続き
あっけなく終わりました(笑)


仕込みはじめは気温も高く
制御が難しかった1号目のもろみもそろそろ搾りの時期となりました。
後半はしっかりと温度管理ができたので一安心。
少々本気で抑え込みすぎたのか、気持ち予定より遅れています。


以前から、「こうしたいなぁ~」とか「こうならないかなぁ~」と思っていたことがあります。
それをするためには結構計画的に考え時間を要するのですが
自分の中では「出来たらいいなぁ~」的なものだと思っていたんです。
でも、今日、それが自分にとっての夢(やってみたいこと)なのかもしれないと思いました。


自分がやらないと成し遂げれないことなのだから
やらなければならないこと。
それは忙しいからとかで棚上げしてしまうのはもったいない。
それは今がチャンス!と感じているから。
優先順位を間違えちゃいけない。
スイッチを切り替えないと・・・・
と、心の隅っこで感じ始めた36歳(笑)。



そんな心の中とは関係なく
仕込みは毎日進行中!!!


今日は蒸米が少なかったので醸し屋は
分析のサンプル集め。
(毎日もろみの経過を見るために分析をします。そのために
もろみを濾して、その液体を分析するんです。)


久々の写真を撮れる側。フリーな状態でしたので
福司の自然放冷の時の動きをコマ送りでお送りします(笑)


IMG_4162_20171122171848bbe.jpg
工程①  「ポン!」

計量された蒸米を2階の麹室前まで運び
布の上に「ポン!」とあけます。


IMG_4163_20171122171850694.jpg
工程② 「サッ!!」

布の上にあけられた蒸米に2人1組で「サッ!!」と手を入れ。


IMG_4161.jpg
工程③ 「バッ!!」

「バッ!!」と広げていきます。


以上




これを何枚を繰り返し
麹室の中に運べる温度まで下がったら運び出します。
おおよその温度は、手の感覚。


毎日毎日、蒸米を触るうちの
感覚で温度を判断できるようになります。
といっても、みんながみんなできることでもないので
デジタルの温度計も使いますけどね!

目に見えるようにすることも
今の時代では重要なのかもしれません。




【求人募集予定のお知らせ】
2019年度 の採用募集を行う予定です。

募集方法・募集内容は、決まり次第ブログにて行います。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   未定
■仕事内容   未定
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

蔵には「ドン・バンジャン」という裏の名前を持つ人もいます。
その由来は・・・・・お話しできないのが残念(笑)

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3167-74885122