北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

二泊三日の蔵宿泊生活

!cid_2AF14B21-5B0F-4D5F-9816-7648D38EF3F2.jpg

気が付けば、しばらくブログを書いていなかったんですね・・・・
あっという間に4日間。
普通に毎日蔵で仕事をしていました。
その間1度も書いていなかったかというと、毎日書いてはいたのですが
どうも納得のいく内容にならなかったり
キーボードを打つ手が進まなかったり
ちょっとしたスランプだったんでしょうね。


いつもは皆さんに話をするようにキーボードを打ち込んでいます。
醸し屋にも話す内容が思いつかない日や
誰とも話したくない日はあるようです(笑)


さて、蔵の仕込みも最終の山場となっています。
福司では大吟醸や純米吟醸酒などのハイスペック酒の仕込みを行う
小さめのタンクが少ないのと(小さすぎるのはあるけどw)
そういったハイスペック酒は発酵日数がかかるので
1シーズンで3クールに分けています。


その最終クールが今年は純米吟醸酒です。
ちょうど今、その麹造りのため泊まり込みが続き
ブログの更新を忘れてました(笑)


大吟醸酒もそうですが、麹の作業では
作業のあいまいに仮眠を入れながら
ほぼ1日中起きています。

1日目はまだいいのですが
流石に2日目を迎え二泊三日目にもなると
思考が落ちてくるんですよね。

なので最高でも二泊三日を1日おきに入れたりする状況です。
60時間を仮眠で乗り越え8時間くらい寝る生活になります。
新入社員も経験のため泊まっていますが
1日目でダウンですね(笑)
彼らは肉体労働も多いし。


醸し屋は割と睡眠をとらなくても体力が持つようになりました。
ある意味老化なのでしょう(笑)
先日、同年代のホッケー大会に出場してきましたが
思った以上に皆さん体力がありませんでした。
なんか、そういう意味では体力には自信があります(笑)
疲れたには疲れますが、精神的にはかなりのリフレッシュです!!


以前、友人に「忙しいのに、よく作って食べたりしているよね!?」っと
驚かれましたが、あれは僕なりのストレスの発散?なんだと思います。
コンビニでご飯を買って食べるのは、食欲を満たすだけですが
料理をする工程には物を作る楽しみや盛り付けを考えたり
出来たものをたべる喜びなどもあります。

「+楽しみ」があるのが料理をする時間無きがしますね。
それと生活を豊かにする気がします。
仕事上も食に関わる仕事なので意識はしていますね。

買い物は市場調査にもなります
価格帯や旬なども知ることができますし
新しい商品、ブランディング、パーッケージデザインも勉強できます。

何よりブログで提案することは手っ取り早いPRにもなるでしょう。
このブログを見てやってみよう!行ってみよう!っと思ってもらえることが
少なからず、福司のことを知ってもらうきっかけになっているはずと信じています!

自分もこうやって飲んでみたい!って思ってもらう事が
日本酒を飲むきっかけになったりしてくれればと思います。




蔵では花華の酒母の発酵が進んできました。
今日かい酵母よりも遅いスタートの花華の酵母。
今はまだプチプチ程度ですが確実に生きています!

そして、明日は最後の酒母を仕込む日となりました。
最後の酒母は、今年2シーズン目のMジュンさんをメインにし
仕込んでもらいます。

彼にとって初めての酒母。
不安もあるでしょうが、いろいろと学んでほしいと思います。
そこもブログで様子をお伝えできればと思います。



【求人募集終了のお知らせ】
2016年度 の採用募集は終了致しました。 沢山のご応募ありがとうございました

次年度の募集も同様に、ブログにて開催する予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

もう少しで山場も超えますが
そのあとすぐに、福司について話すという別件の山場があります(笑)
もし福司について話すとしたらどんな話を聞いてみたいですか??

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/3027-3b1cff30