北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

山田錦の大吟醸酒留仕込み

securedownload.jpeg


山田錦の大吟醸酒、1本目の仕込みが終わりました。
昨日よりも、さらに良い状態にするための工夫も良い方向に動き
現状で最善の形になったのではと思います。


本州の蔵元さんでは、蒸米の放冷の際に外気が暖かいため
コンテナの冷蔵庫の中に蒸米を運んで冷やすなどの作業になりますが
福司では冷蔵庫がありません。


「北海道は寒いから良いよなぁ」と暖かい地域の蔵元さんには言われますが
外気が冷たいことによる別の心配があることは考えられないかと思います。
それが寒すぎて凍る・・・・ということ。

凍結の可能性としては、
・洗米時の生米の凍結
・タンク洗浄時のタンク内の水の凍結
・仕込み水の凍結
そして、蒸米放冷時の凍結の危険性。
北国では凍らせないために冷蔵庫に入れるのは常識的ですよね。

放冷する蔵の室温が氷点下なんですよ(笑)
冷蔵庫なんかよりも冷え冷えですよ!!
こんな室温の中、冷却機を回したら・・・・仕込み水も凍ってしまうんです(笑)


上の写真はそんな蒸米の放冷時のものです。
ここで自然放冷にて蒸米の水分と品温の調整することで
仕込み後の醪のコントロールや仕上がりの酒質が左右されます。

実際の作業はもちろん、その準備にも蔵人全員がなんどもシュミレーションをし
確認をしています。手間暇の1つになっています。

室温が氷点下なので正直ヒヤヒヤしましたが
凍ることなく仕込みもできましたよ!!
今年の工夫が酒質に良い影響に変わってくれれば・・・・

残りの山田錦と彗星もしっかり仕込んでいきます!



【求人募集終了のお知らせ】
2016年度 の採用募集は終了致しました。 沢山のご応募ありがとうございました

次年度の募集も同様に、ブログにて開催する予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

明日は少し気温が上がるようです
仕込みにも影響がありそうですが
この時期はあまり気温が上がって欲しくないですね。

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2997-6ca8ae57