北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

蔵合宿!?

どーも、本日泊まり込みの醸し屋です。


さて、昨日の最後に書いた日本酒を造るお米の話を少し。
日本酒がお米から造られるというのは、
このブログをご覧の方にとっては言わずと知れたことでしょう。
日本酒造りをするのに使用されるお米は酒造好適米と呼ばれる
日本酒造りに特化した品種を使用します。


例えば、福司で使用してる酒造好適米と言えば
道内産で吟風・彗星・きたしずく
道外産が山田錦・五百万石ですね。
日本酒に詳しい人は聞いたことがある品種じゃないでしょうか。


しかし、たまにこんな質問をされます。
「私たちの食べるお米でもお酒って造れるんですか?」
これはYESです。
皆さんの食べているお米であれば造ることは可能です。


造ることは可能と表現したのは
必ずしも食べておいしいからと言って
美味しい酒ができることとはイコールにはならないという事です。
もちろん、美味しく作る努力はしていますし
それなりに美味しいお酒にもなります


現に、皆さんが飲んでいるお酒の中にも
そういったお米を使っているお酒もあるでしょうし
僕たちも飲んでみておいしいと思うものもあります!


しかし、そこはやはり酒造好適米。
安定して高い品質で、なおかつ扱いやすいお米なのです。



ざっくりとお話しすると
食べておいしいと感じるのはお米の中のたんぱく質が影響しています。
しかし、日本酒ではそのたんぱく質が多すぎることは
あまり良い方向には向かないというのがセオリーです。


そうならないように工夫して使う必要があります。
それに比較し好適米は、元々負になりうる成分が少ないのですから
造るときの負担も少ないわけです。
良い方向に進む可能性があるほうを使う
これが普通の考え方じゃないでしょうか?


もっと専門的に話せばわかりもいいのでしょうが
あまり難しい言葉を使いすぎてもどうかと思いオブラートに包んでみました(笑)
なんとなくニュアンスが伝わればと思います


さて、今日は夜な夜な麹室に通いたいと思います(笑)
明日のブログはグダグダでも勘弁を(笑)
その時は睡魔と闘いながら書いていると思ってくださいね!!




【求人募集終了のお知らせ】
2015年度 の採用募集は終了致しました。 沢山のご応募ありがとうございました

次年度の募集も同様に、ブログにて開催する予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

新入社員が自分たちも泊まりたいと志願してきました
しかし、毎日の仕事をまず覚えてほしいので
今回は我慢してもらいました・・・
でも、やる気があふれているのはすばらしい事ですね!
別の機会にちゃんと勉強の場を設けたいと思います!!

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2965-c2a7128d