北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

百年企業がずらり!?

IMG_8131.jpg

蝦夷梅雨いうやつでしょうか
金曜からジメジメの釧路です。
札幌出身の新入社員もこんなに雨が降るなんてビックリといってました。
同じ道内でも、札幌方面はこんなにジメジメしていない様子。
こうなってくると除湿機の出番がやってきますね。
家では除湿機が出動しそうです。



さて、先週末から東京に行ってきました
釧路は雨の中、梅雨に入っている東京はいい天気でしたよ!
何しに行ったのかというと
全国新酒鑑評会の入賞酒、および金賞酒の公開利き酒会が
池袋にて行われていたんです。



久しくこの公開利き酒というものに行っていなかったのですが
ここにきてしっかりと自分の蔵の位置や現在の日本酒の傾向などを確認すべく
行かせてもらいました。



久々に行った池袋の公開利き酒でしたが
すごい人ですね!!!!


いやぁ、驚きですよ!
また、混むわけですよね。
利き酒なのにうんちく垂れながらでかい声でしゃべっている人とかいるんです。
周りにはお酒のプロが大勢いる中でのうんちくを
よく恥ずかしげもなく大声で・・・・・
知らないとは恐ろしい。


中には飲食店さんや酒屋さんの方も多かったと思います
気になるお酒があれば写真を撮っている人たちもいました。
あとで振り返るんだろうな~と思いながら
醸し屋も気になるお酒を片っ端から利き酒しました。



正直10年前の状況とはやはり変化しているなという印象でした。
その地域の特徴もかなり出ていて面白かったです。
新政さんは生もとの純米で金賞をとっていましたね。
今の流行ではなく、ちゃんと吟味して作られているんだろうなという
本当の意味で鑑評会のお酒だなと思います。
こういうお酒も今後増えるべきではないかと思います。


弊社のお酒も我が強くない印象ではありましたが
おしとやかに清楚なイメージの酒質でした。
それが逆に今年はよかったのかな?とも思います。



この公開利き酒のいいところは、全国のお蔵さんと会えること。
有名どころのお蔵さんも来ていましたよ
鍋島の杜氏さんもいらしてましたね。


醸し屋も、研修で一緒だった蔵元さんや
大学の同期、大学時代の講師も見かけました。
残念ながら利き酒中のためご挨拶はできませんでしたが・・・・


いろいろと収穫のあった週末です。
昔は閉鎖的な業界でしたが
今は横のつながりがとてもあると思います。
どの蔵も、自分が!ではなく
業界全体を底上げしたいと思うからこそなのでしょう。
底辺を味わっているからこそ、変化し進化するのでしょうね。

そしてそして、そのほとんどが100年企業。
多いところでは300年企業です。
こんなにも100年企業が集まることもなかなかないですよね~
そういう点も日本酒業界って異色で実に面白いと思いませんか?



【求人募集終了のお知らせ】
2015年度 の採用募集は終了致しました。 沢山のご応募ありがとうございました

次年度の募集も同様に、ブログにて開催する予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉2-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

日本酒業界では100年なんか若蔵なんですよね。
みなさんの働いている業界ではどうでしょうか?

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2860-1e9786b9