北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

忘れていた気持ち。

IMG_6854.jpg

和歌山からの来蔵者さんの正体・・・・。
今、若手の蔵元さんを束ねイベントを行ったり本を書かれたりと
日本酒業界を引っ張っているスーパーヒーローの1人といっても過言ではない、
鶴梅という梅酒や、紀土(KID)で有名な平和酒造の山本さんでした。


実は山本さんとの出会いは11年前。
広島の酒類総合研究所というところの酒造講習会で同期の仲です。
最近雑誌等でお酒が取り上げられている蔵元さんとしては
福岡の若波酒造さんの今村さんや
山口のはつもみぢさんの原田さん
後は、羽陽男山さんや会津ほまれさんなんかも同期です。


夜な夜な杯を交わし、夢を語り合い
寝食を共にした仲でもあります。
懐かしい!


その中の1人が山本さん。
当時は山本さんも20代
醸し屋も23歳くらいだったと思います。
今では本を出版されたり若手の夜明けというイベントをやられていますが
当時はそんなことをするような方には全然見えませんでした(笑)
懐かしいなぁ



前回出版された
『ものづくりの理想郷――日本酒業界で今起こっていること』は
僕も読ませていただきましたが、すごく勉強になりました。
大学卒業して日本酒が造りたい!そんな若者が集まってくる
ものづくりの理想郷の話です。

福司も来年は新卒者が入社します。
蔵はどう変わるべきか、どう進むべきか
山本さんにそこらへんもお聞きしました。
一番印象的だったのは、平和酒造さんも新卒を入れて苦労が沢山あったこと
そして今のような状態になるまで10年かかったこと

今から10年後にものになるかもしれない。
けど、今からやらなきゃ10年後にはものになっていないという話。
同じ時間がかかるなら今しかない!


ベンチャー企業でよく言われるのは
『今やるか!やらないか。』という言葉。
これも山本さんに教えていただきました。


いろいろなものを捨て
新しくいろいろなものを学ぶ
そして自分が成長することで
後輩たちも成長してもらう。
10年かけて福司が成長するように前にすすみます。


山本さんに本にメッセージを書いてもらいました!
『僕、あまり字が上手じゃないので・・・』と言いながら
僕と会社に向けて書いてくれた本は大事に読みたいと思います。
後輩たちもいつか読んで、夢を持って仕事をしてくれたらなと思います。


やる気出ました!
忘れていた気持ちを取り戻しました。
やりたいことも見つけました。
何だかモヤモヤっとしか見えなかったものに
色が付いた感じがします。
もう少し、もう少しで何か形にできそうな
そんなわくわくがあります。


1つ、山本さんに嘘をつきました。
醸し屋ブランド作ったら?ネーミングとか考えてみたら?って
実はもう3年以上前から自分のブランド名は決めています。
これが一番いいってずっと温めている名前があるんです!
熱い思いを乗せれるネーミング
いいラベルデザインで商品化したいと思います。




【求人募集終了のお知らせ】
2015年度 の採用募集は終了致しました。 沢山のご応募ありがとうございました

次年度の募集も同様に、ブログにて開催する予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

活性酒の時期なってきました!
発売日は18日を予定しています!

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2743-5ccbe391