北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

蔵人講習会 圧搾機の組み立て編

IMG_6606.jpg


作業の合間を見ては、1つ1つの作業を覚えてもらえるよう
皆に経験してもらうための講習会のようなものをしています。
醸し屋以外はみんな初めての経験ばかり。

お酒を搾る機械も組み立ててある物は知っていても
組み立て方と解体方法は、実際にやってみないと!
知ってるとやったことがあるのでは大違いです。


これで大丈夫なのか?
あっているのか?
不安なことだらけでしょう。

ここを注意してください!
これは事故のもとになるかもしれません。
過去にこのような失敗がありました。
ある程度、大きな失敗をあえてする必要ないので
基本的なことを覚えておいてもらってます。



来期は醸し屋なしでも仕事が進むことでしょう!
1年に1回しかない仕事とかだと
なかなかマスターするところまではいけないんですよね。
なので、時間のあるうちはしっかり確認しながら
時間をかけてでもチャレンジしてもらうようにしています。


醸し屋が昔であった言葉で印象に残っているのが
山本五十六氏のことば
「やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。.」


なかなか現実では難しいこともあるでしょうが
親が子に対してやっていることも、実はこの言葉と同じことのような気がします。
上下関係にかかわらず、人を成長させるためには
相手を認め、信頼関係を気づくことこそが
一番の近道なんじゃないかと思うんですよね。


自分が苦しいとき、自分を成長させてくれた人は
やはりこういう風に対処してくれていた様に
後になれば思うんですよ。
自分がそれに助けられたなら
自分もそう人と接するべきだと考えています。


そんな醸し屋も人に教えてばかりいるわけにはいきません(笑)
昭和62年、蔵に導入された機械の取り扱い方法が正確にわからなく
販売元に問い合わせてみたのですが
説明書がないといわれ・・・・(^-^;)
(掃除以外で触ったことすらない・・・・)

どうしましょう!?と思っていたら
何と蔵の資料の中から説明書を発見!!!
嬉しい発見(笑)
これで少し何かわかるかも!?
ただ、機械のボタンの説明は書いてないんだよなぁ(^-^;)
販売元の方も、わからなければ連絡くださいって言ってくれてるし
何でも、問い合わせてみるのって大事ですね!!


それにしても30年くらい前のものなので
封筒も触ったらパリパリ割れるように破けるんです(笑)



いろんな方々に助けられて、本当にありがとうございます。
これからもどんどん頼らせて頂きます!!





【求人募集終了のお知らせ】
2015年度 の採用募集は終了致しました。 沢山のご応募ありがとうございました

次年度の募集も同様に、ブログにて開催する予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

先日、とあるTVで「焼きカレー」なるものが出ていて
それからずっと気になっています。
カレーではないのですが、ハヤシライスを作ったので
それでチャレンジしてみようかな♪

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2714-7ff19e3b