北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

若者は日本酒が嫌い?

数年前まで『日本酒離れ』と言われていた時代がありました。
どこまで低迷するのだろうと、
マイナスな発言をする酒屋さんや蔵元もあったことでしょう。


事実、全盛期から比べれば
半分以下の製造量になる蔵もあったと思います。
福司だってそれに近いものがありました。


ただ、そういうマイナスな発言が多かったのは
全盛期を知っている蔵元や酒屋さんが多かったように思います。



僕たちの世代は、『いい時代』なんて見たこともないし生きた覚えもありません
なので『日本酒離れ』という感覚があまりないんです。
日本酒へ負のイメージを植え付けたのは
紛れもない『いい時代』を生きた世代だとおもうのです。



その『いい時代』も忘れ去られようとした今
日本酒は徐々に力をつけてきています。
いい時代を知らず、苦しい時代を耐え抜いた世代。
だからこその底力で踏ん張り
地道な活動が徐々に成果を出してきているのだと思います。



そして、呑み手も少しずつ変動してきました。
全盛期、日本酒をあびるように飲んだ世代は
飲酒生活を卒業し、
その世代に飲まされ、日本酒に抵抗を持った世代も
少しずつ減ってきています。
更に、「日本酒は危ない」「日本酒は悪酔いする」と吹き込まれた世代が
無理に日本酒を進めない時代になり
日本酒への嫌悪感がほとんどない世代が
大人になってきているのです。



そんな時代だからこそ、
本当に美味しい日本酒
飲んでいて楽しい日本酒を経験することは
今後の日本酒の消費にも少しずつですが
影響してくるのではないでしょうか?


今では世界的にも有名になった獺祭の桜井社長も
セミナーでは、「若い人が日本酒が嫌いなのではなく、
私たち日本酒業界が若者から日本酒を遠ざけているのではないか」と
話される場面もあったそうです。


もちろん、若い世代はお酒にも慣れていないので
日本酒を知らずに飲めば失敗することもあるでしょう。
そうすれば、抵抗感を持ってしまうのではないでしょうか?
もちろん体質的に苦手な人も多いのも事実。
そこは無理に飲まなくても大丈夫!



美味しいと思える日本酒を
たしなむ程度で楽しむ、
そんな日本酒との良い関係性が作れれば
きっと若者も日本酒をもっと身近に感じてくれるはずです。
日本酒が日本人の誇るお酒であると
自信を持って海外に発信してくれるようになると思います。


IMG_6171.jpg



そんな思いから、最近
身近な若者を集めて、日本酒を飲む機会を作るという
小さな活動を日本酒好きの仲間と始めました。
自分たちの飲んでみたい日本酒を持ち寄り飲んでみる。
そこには多くのうんちくもいらず
今はまだ、興味を持ってもらう、
日本酒と楽しい思い出を作る場でしかありませんが
この活動から良いアイディアが出ればと思っています。


そして、そこに参加しているメンバーが
「日本酒美味しい」と、どこかで一言いうことで
日本酒の定着が少しずつ深まるのです。
もっと知りたくなったり興味を持ったら
既存の日本酒の会などへ、一歩ずつ踏み入ってくれたらうれしいですね(^-^)




【求人募集終了のお知らせ】
2015年度 の採用募集は終了致しました。 沢山のご応募ありがとうございました

次年度の募集も同様に、ブログにて開催する予定です。
今後ともよろしくお願いいたします。

■資   格   短大・高専卒業以上を希望(理系の方希望)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社

最後まで読んでいただきありがとうございます!

今日も気持ちがいいお天気です
暑過ぎず、程よい釧路晴れ?ですね。
こういう爽やかな天気、大歓迎です!

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2677-ecd2b78c