北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

濾過

IMG_5969.jpg



写真は濾過の工程。



濾過というと普段仕事でやることがない限り
あるいは理系の大学に行っていない限りは
中高時代の理科の実験でする『ろ過』を思い浮かべる人も多いでしょう。


濾紙をコーヒーのフィルターのような形に折り
ロートを使って液体と固体に分ける作業です。
日本酒の濾過も基本的には同じですが
もう少し大きな機械を使用して行います。
(写真のような)

ろ過は固体と液体に分ける作業ですが
醪をお酒と粕に分ける圧搾(あっさく)という工程の他に
この濾過工程が入ってくるんです。
同じ個体と液体に分ける作業ですが
お酒の搾る工程と濾過は、現場では別扱いですね。



じゃぁ、お酒で言う濾過って何?ってことですが
よりお酒をきれいにする(ここで言うキレイというのは澄んだという意味)
ための工程です。


搾っただけでは滓という物質が残ります。
市販されている製品の中には「滓がらみ」と呼ばれるものがありますが
これは要するに濾過をしていないですよってことです。


なんだか滓がある方が自然で美味しそうなイメージが最近はありますが
必ずしもそうとも言えないと僕は思います。
実は滓があることでお酒が変質しやすいという特徴もあるんです。
生酒なら冷蔵で早く飲むでしょうけど
火入れしたお酒だとこれは劣化につながることになります。


より美味し状態で飲んでもらえる期間を長く保つために、
滓の様な物質を取り除く工程が濾過という工程です。



IMG_5970.jpg



お寿司を思い出してみてください。
新鮮な、活きのいいネタを酢飯と握る。
ブリッとした歯ごたえや素材そのものの甘み

これも美味しお寿司。


一方、アナゴの様な焼いたり
マグロの漬けのように漬けこんだり、
昆布〆や〆サバのように保存性や安全性を高めたり
そういう風にひと手間かけたお寿司も
素材+αの美味しさと技があります。

これも美味しいお寿司。
ありのままもいいし、
ひと手間かけたのもいいですよね。
両方の良さを知ってほしいかなって思います(^-^)




最後まで読んでいただきありがとうございます!

曇ってるのになんだかムシムシですね
除湿機がほしい季節。
洗濯物も部屋干し・・・って冬もか(笑)
今週末は霧フェスです!
天気よければ浴衣もいいですよね!!
浴衣には日本酒でしょ!!!w

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------
banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2657-494ea760