北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

釜屋 麹屋 モト屋 ○○ 



IMG_5122.jpg


晴れた日の槽場(ふなば)。
天窓から差し込む光が気持ちがいいんです。
こんなに光が入るのはここだけ。
隠れた癒しスポットの1つ。


槽場というのはお酒を搾る部屋のことを言います。
丁度真ん中あたり、
昔使用していた木製の油圧圧搾機があるのですが
それを槽(ふね)と呼んでいます。
搾る機械の形が船に似ていたことからと聞いたことがあります。


この圧搾機は上から圧力をかけて
下の口から出てくるので
ここから出てきたお酒を『ふな口』といったりします。
福司の蔵解放日限定酒『たれ口』も
この槽の口から垂れ出たものをそのまま詰めたくらい
新鮮という意味が込められています。



ちなみに、酒造りでは『杜氏』が有名ですが
各部署それぞれに担当者がいて、そのすべてを統括するのが杜氏です。
杜氏の下には『頭(かしら)』がいて補佐をします。
原料処理を担当するのが釜屋さん
麹を担当するのが麹屋さん
酒母を担当するのがモト屋さんです。

そうくると、搾りの担当者をなんというか・・・・わかりますか?





ヒントは槽(ふね)の担当者です!




そう!槽屋さん!!!




っと思った人は、まだまだですね(笑)
実は槽(ふね)を操るので槽頭(船頭)と呼ばれています!!!
なるほど!だけど、そこは素直に槽屋さんでも良かったような・・・
まんまとだまされた方!素晴らしい!!!




甑倒しまで残り数日。
蔵では徐々に片づけの準備が始まりました。
というのも、片付けと並行して火入れの準備も始まるので
やることが沢山あることには変わりないのです(笑)


外で洗濯物を干せると作業もはかどりますが
この時期の釧路はあまり天気も良くない。
蔵の中で干すと乾くの時間かかるんだよな・・・・




【求人情報!!】
福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を若干名募集しております。
新卒者も歓迎いたします♪まずはお問い合わせください!


■資   格   短大・高専卒業以上を希望(出来れば理系)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

まずは履歴書をお送りください。

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社


最後まで読んでいただきありがとうございます!

来週は久々にお休みをいただけそうです!!!
久々にどこかにランチを食べに行きたいなぁ~

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね



banner3.jpg
釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

------------その他に参加しているブログのランキングです。--------------

banner21.gif にほんブログ村 酒ブログへ  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2595-416f7d42