北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

しらぬか特産フェア2014


IMG_4534.jpg


年内甑倒しということで
蔵全体がお休みでした。
(櫂入れなどがあるため、出た人もいます。)



丁度、フェイスブックに白糠漁港の白糠漁協市場で
「しらぬか特産フェア」が開催されると告知があり
毛ガニの文字に誘われて行ってきました(笑)


白糠の漁組さんの場所がいまいちわかりづらかったものの何とか到着!!
開場はにぎやかで、いろいろな海産物が販売されていました!
その中の1つにチーズなどを作っている
酪恵舎(らっけいしゃ)さんも出店しており
そこには、『ミルクジャムの甘酒』っていうのがあり
これは飲まねば!!!っと1杯購入!


IMG_4550.jpg


ミルクジャムもまろやかで濃厚な味わいが
酒粕の風味に負けていませんでした!
個人的にはちょっと甘かったかな・・・・っと思いますが
甘いものがお好きな方にはお勧めします!


ただ・・・・残念ながら酒粕は福司のものではないかも・・・
って、まだ販売していないしね・・・仕方ないw
でも、有名な酪恵舎さんとのコラボが甘酒でできるかも!?っというのは
ちょっと意外な発見でワクワクされてもらえましたね(^-^)


で・・・・醸し屋の本命の標的は蟹!!!
毛ガニです!!!




IMG_4536.jpg




いたいた!!!もう残りわずかでしたが
いましたよ!毛ガニたち!!
この写真で分かるかな?実はこの毛ガニ、タグがついているのわかります?
これ全部白糠の毛ガニで甲羅の大きさが10cm以上の超特大の毛ガニです!


釧路の方で白糠=毛ガニのイメージは少ないかもしれません
実はこのサイズの毛ガニのほとんどが、東京などの高級料亭などで
あつかわれるような高級毛ガニとして市場に出されるようです。


今回、1杯5000円という毛ガニとしては高価ですが
東京では8000円というような価格で販売されるそうです。
写真の左上の人の手と蟹を比べていただければ
その大きさもわかっていただけるでしょうか?


特大のものは味も大味になりやすいですが
この毛ガニ、大きくてもメチャクチャうまいんです!
なるほど、料亭で扱われるわけです。



IMG_4549.jpg



大きさの比較で一升瓶と並べてみました!
一升瓶の瓶の直径よりも甲羅がデカい!!!!
足まで入れると人の顔よりも大きい毛ガニ。


最高にうまい毛ガニには
辛口でクイッと合わせます。


最高級だからこその
口に含んだ時に鼻から抜ける蟹の香り
これに飲み飽きしない辛口をさまざまな温度帯でいただきます。
そして最後には甲羅酒。


毛ガニを食ったら、これで〆なきゃね!!w





【求人情報!!】
福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を若干名募集しております。
新卒者も歓迎いたします♪まずはお問い合わせください!


■資   格   短大・高専卒業以上を希望(出来れば理系)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

まずは履歴書をお送りください。

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社



最後まで読んでいただきありがとうございます!


最高の味わい、白糠の毛ガニ。
これにはカニの風味を引き立たせる
福司の辛口でしょ!!

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね


banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2532-48accef5