北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

これを使えば、一度に100粒数えれます!


IMG_4319.jpg


最近全然飲みに出ていないので
そういう系の日記を書けない醸し屋です・・・・。
家ではチビチビと飲んでます(笑)


その代り、料理をすることが多くなりました。
食材を買って作るというのがとても楽しいです。
でも、もちろん失敗も・・・・

ただ・・・車ないから買い物もあまりいけない・・・・
買い物難民です(笑)



蔵では、活性酒の仕込みも始まり
発売日に向けて着々と作業が始まりました。
今年はお米の収穫量は多いようですが
質は・・・・・(^-^;)という感じです。
それでも、今年も楽しみにしてくださっている皆さんのために
一生懸命作っています!




さて、昨日のブログの続きですが
1000粒数えた方はいないですよね?w


蔵では米の入荷のたびに1000粒数えます!
でもピンセットで1粒1粒数えていたら
途中で何粒数えたかわからなくなりそうですよね(笑)
そこで、こんな道具を使って数えるんです。



数年前にもブログで紹介しているんですが
覚えている方います???



DSC_0119.jpg

これが蔵で使う秘密兵器!
“穀粒計算盤”というもので
盤の小さなくぼみにお米をはめ込み計ります。

DSC_0120_20101129171952.jpg

まず、この板に玄米をお米を乗せ

DSC_0121.jpg

揺らすと・・・・
この溝の部分にお米が入りこむんです!
どうです?画期的でしょ!!!

DSC_0123_20101129171952.jpg

このくぼみが10列×10列で計100個。
1度に100粒が数えられるんです。
これを10回行い、整粒だけを数えて重さを量るんです。
そうすれば真の精米歩合が算出されるというわけです。

これを使って真の精米歩合を求めるというわけです。


大学時代、精米に関して講師がよく言っていたことがります。
『精米されたお米を見て
「丸くてキレイですね」などとコメントをする人がいるが、
それは上手に精米されていないと言っているようなものだ。』っと。


これはどういうことかというと、
お米って簡単に言うと楕円形です。
このお米を均等に40%削ったらどうなりますか?



やっぱり楕円形ですよね?



これが丸くなるということは
幅の広い方だけ多く削れて
均等に精米されていないということになります。
これでは精米の目的を達成していないことになるんです。



だから、丸いっていうのは褒め言葉として
不適切なんだということですね。



でも、以前
精米歩合28%だっけかな?
そのくらいのお米を見たんですが、
それはほぼ球体でした。
そこまでいけばもう、楕円形には削れませんよね(^-^;)


個人的にはそこまで削ったらもったいないと思うんです。
一時期、削ったら削っただけすごい!みたいな時期あったけど
28%まで削ったら残りの72%は糠となってしまうわけでしょ?
それって贅沢っていうのかな?って。

最近では逆に、あえて削らないでお酒を作るって試みもあります。
僕としてはそっちの方が面白いと思いんです。
味も個性が出ますし、技も大事になってきます。


お米の特徴も、蔵の特徴も楽しめる
そんなお酒になるんじゃないかな?って。
皆さんはどうでしょうか?





【求人情報!!】
福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を若干名募集しております。
新卒者も歓迎いたします♪まずはお問い合わせください!


■資   格   短大・高専卒業以上を希望(出来れば理系)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

まずは履歴書をお送りください。

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社



最後まで読んでいただきありがとうございます!

そろそろ釧路も初雪が近くなってきているようです。
今週末、晴れたらタイヤ交換(親の)しようかなぁ・・・

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね


banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2506-c3892927