北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

【精米歩合】さぁ!皆さんも数えよう!!!


IMG_4299.jpg


本日の釧路は雨でしたが
そろそろタイヤ交換の時期でしょうか?
醸し屋はまだ交換していません・・・・


あ!車持ってなかった(笑)
へへへ。



ということで、連日仕込を行っている福司の蔵では
本日、新聞社の方が取材にいらしてました。
早ければ明日掲載されるのかな?
いつもよりも沢山写真を撮っていったカメラマンさん
どこの写真を使うのか楽しみです(笑)




さて、先週の『お米はどうやって削るの』の続きです。
精米歩合60%だと4割削るよって話でした。
100kgが60kgになっていたら
精米歩合60%だよね~っという話。


これを数式で表すと
精米歩合(%)=(白米重量÷玄米重量)×100
となります。
なんか数学みたい(笑)
数学苦手な方は頭痛くなりました?w
口で言うと『削られての残ったお米は何%?』ってことですね。


でも、簡単な話だけど実は難しい。
単に重量が4割減ったからといって
ちゃんと精米されているのか?ということ。



1つは10kgのうち、何%かのお米がローラーで粉砕されてしまい
残ったお米はあまり削られていなかったとしても
それが重量4割減だったら精米歩合60%になってしまいます。
実際残ったお米は精米歩合75%とかかもしれません。

これでは数字上は60%でも
実際は75%精米です。
これじゃぁーダメよ~ダメダメです。
(ここは感情こめて読んでね!w)



でも精米の工程では必ず砕けちゃうお米とかあるんですよ。
精米の良し悪しだけではなく、コメの質や特徴とかでも
割れやすいものとかもあるようです。
なので、上の様な計算で出された精米歩合を
僕たちは『見掛けの精米歩合』と呼んでいます。
実際とは少しずれがあるってことです。


このような事態を防ぐため
きっちりした量り方があるんです。
それで計測された精米歩合を
『真精米歩合』といいます!


なんかかっこいい!!?
見掛けの精米歩合がとってもかっこ悪く見えますね。



その方法は至ってシンプル。
形の整った白米を1000粒数えて、その重量を測定。
同じく、玄米も1000粒数えて、その重量を測定。
この2つの重量から精米歩合を出すというものです。


ということで、みなさんも今晩
ご自宅にあるお米で1000粒数えてみてください!



ちなみに福司でも
新しいお米が入荷するたびに、この真精米歩合を測定しています。


さぁ!皆さんも数えよう!!!


IMG_4313.jpg


これは昨日の夕日。
だんだん日が沈むのが早くなって
日が短くなってきました。
朝の起きる時間も少しずつ暗くなっているように思います
あまり暗いと起きれなくなりそうです・・・・・


まだ仕込みは始まったばかり!
頑張らねば!!!






【求人情報!!】
福司では日本酒の製造を共にしてくれる方を若干名募集しております。
新卒者も歓迎いたします♪まずはお問い合わせください!


■資   格   短大・高専卒業以上を希望(出来れば理系)
■仕事内容   清酒製造・その他
* 書類選考あり
* 委細面談の上

まずは履歴書をお送りください。

085-0831
北海道釧路市住吉1-13-23
福司酒造株式会社



最後まで読んでいただきありがとうございます!

さて、来月上旬は活性酒の発売時期です!
12月1月と、美味しいお酒が出ますので
皆さん!!!今のうちに肝臓休ませましょうねw


今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね


banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2505-ac312ec0