fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

蔵でしか味わえない幻の味・・・・!?

醪泡



蔵開きを終えて
今日から仕込みも再開です。



ここからはラストスパート!!!!!!
蔵人も少なくなり
新しく補充したアルバイトさんの皆さんと共に
今シーズンの仕込みのラストを迎えたいと思います!!!




アルバイトさんたちも
積極的に仕事をやってくれるので
本当に助かっています。



なにより、気になるところの掃除ができるのが嬉しい!
手が回らないというむずがゆさが
ほとんどありません!!!




今日の1枚は、醪がアワアワしている写真です。
(吟醸酒の醪のやつですよ!!!)



このモコモコの泡、
実はここに酵母が多く住んでいるといわれています。
正確には酵母の影響で泡ができます。


今は泡が出ない酵母を使って仕込んでいますが
泡が出やすい“泡有り酵母”の場合
この泡の部分と下の液体部分で
酵母の数を比較すると
泡部分は液体部分の10倍近く酵母の数が多いと言われています。



残念ながら僕はこの泡あり酵母を使った仕込みを
経験したことがありません。
泡あり酵母と泡なし酵母では
泡の有無の違いだけだと教わりますが
実際はそうではないという話もよく耳にします。

実際、近年では泡あり酵母を使って仕込みを行う
お蔵さんも増えてきてますしね。





この泡あり酵母で仕込んだ際に
出来る泡を使って泡汁なるものを賄いで作ると聞いたことがあります
それがまた美味しいらしいのですが・・・・
それも食べたことない!!!!!!



昔からいる蔵人さんたちは
「泡汁おいしかったぞ!」って・・・・・



どんな味なのか気になります・・・・



泡汁で検索をかけると出てくる出てくる(笑)
“幻の泡汁”と呼ばれています。
僕の恩師でもある小泉武夫先生曰く
泡汁の美味さは「七転八倒的なもだえの寸前」と例えるほどの美味さ。


なぜ幻かというと
醪の泡は置いておけばすぐに消えてしまうため
泡のうちに調理できるのは蔵元のみという限定つきだからです。
さらにその泡が出ている期間も限られるのですから
幻と言われているのも納得かな・・・・


なにより、蔵で働いている僕ですら
食べたことがない・・・
(泡あり酵母で仕込んでいる蔵なら食べれるけど・・・)





福司で泡あり酵母を使うことがあれば
泡汁作りたいっす!!!







最後まで読んでいただきありがとうございます!

粕汁食べてみたい!!!!
っと思ったら(笑)

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね


banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2356-29ed3388