北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

『アクアパッツァが食べたい。』


『アクアパッツァが食べたい。』




急にそう思ったんです。
仕込み時期になると「食べる」という単純な欲求が
唯一の楽しみになります。



起きて⇒蔵に行って⇒仕込みして⇒帰宅⇒寝る



ほぼ半年間このリズムのみですから
この生活の中で毎日の楽しみを見つけるとすれば
必然的に寝ると食べる以外なくなってきます(笑)





僕の言うアクアパッツァというのは
料理名というよりも、もっと具体的なもので
“魚介とワイン K ”さんのアクアパッツァじゃなきゃいけないんです。
僕の中でのスタンダードなアクアパッツァは
ここのアクアパッツァなんです。



IMG_1708.jpg



Kさんのアクアパッツァ、とてもスープが多いんです。
魚介類や野菜を食べた後に
このスープに玄米ご飯を浸しながら食べるのが


激ウマ!!!!バカ旨!!!!
なのです!!!!



がぁ、他の飲食店のアクアパッツァでは
スープが少なくとてもがっかりします。
「あのスープが美味しいのに・・・・」



でも、よくよく考えると
そもそものアクアパッツアァって
スープがあんなにあるものなのか?????

その疑問をKのオーナシェフに聞くと
「普通はそこまでスープがないのがオーソドックスだよ」って



なるほど、このスープを楽しむのは
本来のアクアパッツァには無いのか。。。。
でも、僕はあのスープが楽しみなのに・・・・



ということで、僕の中では
Kさんのアクアパッツァ以外のアクアパッツァに
興味がなくなってしまったのです(笑)



そんな楽しみなアクアパッツァと共に
福司の“しぼりたて生酒”を味わえるということで
今回行ってきました!!!



魚介とワインのお店なのに
福司があるんですから、店名も変えて欲しい。
魚介とワインと日本酒のお店にしてほしいですね(笑)



ちょうど、福司のしぼりたて生酒と共に
北の勝さんの搾りたてもあるとのことで
飲み比べにしてもらいました。



ワイングラスに注がれ2種類の酒。
品温も冷たすぎず、とても分かりやすい。



ワイングラスに注がれているため
香りもとても分かりやすい。
この違いなら日本酒に詳しい方じゃなくても違いが分かるだろう。



次に味・・・・
それぞれの蔵の味が出ています。
個性が出ています。
造り手の方向性の違いが味にしっかり出ているので
飲み手の皆さんにも分かりやすく違いが伝わると思いますね。



やっぱり地酒はこうじゃなきゃ!
似た酒だったら面白くないでしょ!?
同じような酒だったら、面白くないですし
人それぞれ好みも違いますので
味が異なる方がいいと思っています。




しぼりたての飲み比べが出来るのも今の時期だけですね!
みなさんも飲み比べてみましたか?(^-^)





最後まで読んでいただきありがとうございます!


普通は生酒なのでキンキンに冷やされたのを飲みますが
温度が冷えすぎないほうが香りや
お酒の味わいを楽しめますよ~


今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね


banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2323-e82e92dd