fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

完全防備でのぞむ!!!


昨日かえると食卓の上に小さな毛蟹が・・・


スーパーで値引きになり500円くらいになってたものを
母が買っておいてくれてました。
早速蟹むき開始!!!


蟹むきは小さい頃から僕の担当。
なので蟹むきは慣れたものです。


値引き品の割りに身入りも良く
味も上々!むしろ美味しい!
更に味噌までしっかり!!!!


釧路だからこそこの値段で楽しめる贅沢・・・・


カニ味噌に少々福司を垂らし
ここに少し醤油を入れます。
ほんの少しです。


それをむき身の上に乗せて食べながら
大きく息を吸い、鼻から抜くと
毛蟹特有のあの香り・・・・
今回の毛蟹あたりです!!!!

そうなるとなおさら酒が旨いのです♪
酒はやっぱり福司。
今の時期ならしぼりたて生酒がオススメですね。



でも、我が家には活性酒の一升瓶
残り少しがあったので
昨日はそれで晩酌でした♪


食べるのに夢中で写真はありません(笑)





さて、今日は小さなタンクの仕込がありました。
大抵、小さなタンクだと布で蒸し米をとって
タンクに運ぶのが一般的ですが、
仕込みの内容によってはエアーシューターで仕込むこともあります。


エアーシューターっていう物は
蒸し米を風の力で運び
タンクに入れる機械です。

なので、とても強い風が送られてきます。



風が送られ
蒸し米が飛んでタンクに入るとなると
結構な勢いなので液が飛び跳ねます。


大きなタンクだとそこまで被害に合わないのですが
小さいタンクだと深さが浅いため
結構しぶきが飛ぶんです。


今日仕込みタンクについた醸し屋は
完全防備!!!



薄手のビニールジャンバー(ヤッケ)の
フードをかぶり、チャックは全部閉めます。
そうするとほぼ目だけしか出ていない状態です。


これで仕込まないと
顔中、麹の汁でベタベタになります(笑)


仕込みのときにタンクに人がつかないお蔵さんもありますが
福司では常に1人がつき、仕込みを行い
ムラの出ないように丁寧に作業を行っていますよ。



留仕込みのような量の多いときなんかは
結構大変な作業で、正直
泣きたくなるときもありますね(笑)


でも、美味しいお酒のためにがんばります!!!(笑)







最後まで読んでいただきありがとうございます!


どうやら風邪やインフルエンザが流行っている様子!!!
皆さんもうつらないように気をつけましょう!!!
蔵人も1人ダウン・・・・これ以上被害が広がりませんように・・・・


今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね


banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2319-f9276f88