北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

蔵を助けに来た勇敢な方々


屋根が飛んだ日曜日。
いつもと同じように起きて仕事へ向かいます。


朝からいつもどおりの作業を行い、
平日よりも少し長めのお昼休みのため
少し前倒しで作業をしていたときでした。



なんだか風が強くなってきて
天井が騒がしくなってきたんです。



といっても、この時点では
天井がはがれてバタバタしてたわけではなく
風の勢いでとたんが波打つような感じの音でした。



多分、そこにいた製造部全員が思ったと思います
『屋根大丈夫かな・・・?』




その時でした、今までとは違う大きな音で
ズドーーーン!!


まるで雷でも落ちたような
そんな音が聞こえて、
『いったい何が起きたんだ!?』


外を見ると何か飛んでいくのが見えます。
何が飛んでるのかは分からなくても
きっとどこかの屋根が飛んだのだろうと
すぐに思いました。


急いで外を見に行くと
屋根の木の破片が宙を舞ってました。



それでもどこかの一部分がはがれてしまって
雨漏り程度かな?っと思ってたのです。
なぜなら見える範囲の屋根は無事だったからです。



いったいどこの屋根が飛んで雨漏りしているのか?
とりあえず蔵の中の屋根を見渡しますが
これといって雨漏りはしていません。
そして蔵の裏手に向かうと驚きました(笑)



裏側の屋根のほとんどが
まるでバナナの皮を剥くように
はがれていたのです。


どうにかしたいけど
どうしようもできない・・・・・



今出来ることをするしかない。
ビニールシートを持ってきて
ぬれないようにかけたりしました。

そのうち消防車の音が聞こえ
消防隊員が作業をはじめたのですが
あの人たちはすごいですね!!!!


僕たちがどうしようも出来ないと
恐れ嘆いている中、勇敢にも
荒れ狂う風で凶器と化したトタン屋根に挑んでいくのですから。



まさに命がけの仕事をしている
すごい人たちですね。
立ち向かう姿が、とてもかっこいい!
あんな勇敢な人たちを初めて間近で見ました!


屋根2



小さいときは市民を守る職業として
警察と消防を思い浮かべますが
消防は桁外れで勇敢ですね。
同じ『守る』仕事をしていても
守り方が違うのでしょう。


きっと災害時の自衛隊の勇敢さもすごいんだろうなぁと
あの消防士の方々を見て見直しました!



あのときの消防士さんがこのブログを見てると思えませんが
あなたたちの姿はとても勇敢でかっこよかったです!
あなたたちが命をかけて助けてくれた蔵で
美味しいお酒を作れるよう、製造部も命かけて酒造りますから!!!!







最後まで読んでいただきありがとうございます!


蔵を救いにきてくれた消防士さんたちに
感謝の気持ちをこめて・・・・


今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね


banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  


Comment

酒恋倭人 says... ""
毎度!
大阪の消防士はみています(笑)
市民の財産と身体を守るのが職業ですから!
蔵の人に怪我がなかったのが幸いです。
2013.11.12 20:35 | URL | #- [edit]
醸し屋カズマ says... ""
≫酒恋倭人様

ブログへコメントくださるの、久しぶりですね!

市民の財産と身体を守る職業か・・・・
小さいときは火を消すのが仕事だと
ずーーーーーーーっと思ってましたよ(笑)


それだけじゃないんだって、学校でも教えて欲しかったですね(^-^)
2013.11.13 18:21 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2270-33414613