北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

ハマグリと燗酒



いよいよ、来週から仕込が始まるので
いろいろとワタワタです。


外でやる作業もあるのですが
お天気があまり良くないので
かなりピンポイントでの作業になりそうです。


去年はこれにプラスして
新しいニコリの製造が入ってたのですが
今年は作業を引き継げそうなので
仕込みの専念できる予定。


気持ち的にも大分違いますね。



燗酒




さて、先日
ハマグリと燗酒を楽しむというイベントに行ってきました。


釧路ではほとんど食べる機会がないハマグリ。
初めて食べたときには独特の旨味に驚きました。
蛤にはコハク酸が多く含まれているそうです。



このコハク酸という酸は、
実は日本酒にも含まれています。


裏ラベルに、酸度という表記がありますが
その酸度の中には乳酸、コハク酸、リンゴ酸、クエン酸等が
どれだけお酒の中に含まれているのかを示したものです。
なので、コハク酸も入っています。


コハク酸は主に温めることで旨味を感じやすくなります。
なので、よく言う『燗上がり』というのは
お酒を温めることで味を感じやすくなる成分が
多く含まれているということです。


なのでコハク酸を味わうとなると
燗酒のほうがよりおいしく味わえるということですね。
ましてや、コハク酸を含む蛤には
燗酒がよくあう。

ということでハマグリと燗酒を楽しむというのは
理にかなっているような気がします。



とりあえず寒い日には燗酒がおすすめです。
ゆっくりシッポリ酔いましょう!





最後まで読んでいただきありがとうございます!


燗酒は本当に面白いです
酔うこそ!御燗ワールドへ(笑)


今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね




banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2254-8a974a19