fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

ひれ酒のススメ



肌寒くなってきました。
ストーブをつけようか、我慢しようか
心の葛藤の時期ですね(笑)



こんな時期には、やはり燗酒。
体が温まるし、変な酔い方はしません。
これは冷酒と比較すると、体内への吸収が早いため
酔いも早く回るということです。



燗酒ときいて『苦手~』という方も多いかもしれません。
確かに僕も昔はそんなに好きではなく
どちらかと言うと、冷酒~常温が好きでした。


それは冷酒の方が魅力を感じていたからなんです。
でも、実は燗酒は冷酒と同じくらい
いや、それ以上に奥深いもの。


きっと初めて日本酒が好きになったときは
美味しい日本酒に出会えたときだと思います。
燗酒も、ただ美味しいと思えるものに出会えていないからかもしれません。




『燗酒って日本酒をあっためただけでしょ?』
『温めればいいだけでしょ?』



確かにそれでも燗酒ですが
温め度合いによって1本のお酒が変化していくのです。




よく、ワイン好きの方が『ワインがひらいた』と
時間を置いて味の変化を楽しみますが
あれと似たような現象が温度の違いで日本酒には現れます。
これを知ってしまえば、ただ温めただけでは物足りなくなるはず!
ここに燗酒の面白みがあるのです。



温度を変えるほかにも
燗酒には面白い楽しみ方がありますよね。



その一つが『ヒレ酒』



燗した酒に魚のヒレを炙って入れる。
その代表的なものが、フグの『ひれ酒』
ヒレ酒といえば『フグ』のイメージですが
フグ以外にもヒレ酒がございます。



それが鮭ヒレをつかった『さけひれさけ
鮭ひれ180


今更ながら、これいいよ(笑)



ひれ酒の文化は昔、あまり日本酒の酒質が良くなかった時代
安い酒を温めて、炙ったひれを入れると
香ばしい香りが移り、とても美味しく感じたことが始まりと言われています。
「二級酒を特級酒に変えてくれる」と評され、
安い酒を美味しく飲む手段として定着したようです。



で、現在では・・・・



もう日本酒が美味しくなってるし
その頃の庶民が飲めないようなレベルのお酒を
飲食店さんで普通に呑んでますよね?


吟醸酒なんか、昔は市販されてなかったろうし・・・・
高くて売れないので安い酒に混ぜてしまってたというのも
聞いたことがあります。


それだけ、美味しい酒を手軽に購入できる時代なので
あまり需要がなさそうですが
これはこれで味のある商品なんです。


他じゃ味わえないですからね。


『鮭のヒレ酒なんか家でも飲めるだろ!』っと思ったあなた!
晩御飯の焼きジャケのヒレ、日本酒に入れてみてください!
そうしたらビックリします(笑)



福司の『さけひれさけ』おいしいなって(笑)



自宅でやるとどうしても生臭くなるんでよね。
でも、福司で使用している鮭ヒレは
特殊な製法で加工してるので
美味しくひれ酒を楽しめるのです!!!!




ひれ酒よりも美味しい燗酒は沢山ありますが
その独特な文化を楽しんでみてください(^-^)
これはこれで面白い。


そして、鮭のひれ酒で一番美味しいのは
福司の『さけひれさけ』で間違いないです。
これよりおいしい鮭ヒレ酒を飲んだことがない!!!!!!




なぜならうちにしかない商品だからさ(笑)


それでは醸し屋的、ひれ酒のススメ。
商品にはヒレが別についてるので
それを軽く炙って燗した酒に入れます。
燗酒だとすぐに色と香りが出てくるので
そうしたら一度ヒレを取り出しましょう!!!

これは、その日なら何度か使えます
2杯目の楽しみによけておくのです!


次の日も呑んでやろうと
一度使ったひれ酒を天日干しして
使おうとするのはやめましょう。

それをするなら始めからヒレを2つに割った方がいいです(笑)


ちなみに720mlもありますが、それにはヒレが3枚入ってますよ~。





最後まで読んでいただきありがとうございます!


個人的にはなくしたくない商品なんですが
イマイチ認知度が低いんですよね・・・・
飲んだことない方とか結構居るはず

面白いのに・・・・もったいない!

今日も応援クリックお願いします!!!
ピンクの文字をクリックしてね




banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!




にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2249-547cc791