北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

お酒造りは搾った後も重要だ!?



行者にんにく


暦は四月も半ば、
醸し屋の感覚としてはまだ3月くらいなんですが
もう再来週にはGWなんですね(笑)


ちょっと早いよ・・・





嘆いていても
確実に春が来ています。
蔵の裏ではこいつが芽を出しました!


チューリップの球根じゃないですよ!w



行者にんにくの芽。
蔵の裏で少しだけ生えています。
採って食べたこと無いのに
思ったより増えないなぁ・・・・もっと増えてくれないと
採れないじゃん(;´д`)



北海道外の方が見ているかもしれないので
一応書いておきますが、北海道はまだ桜咲いてません!
そして最高気温は10℃以下です!!!
寒いっす!!!




さて、蔵では最後の四段仕込みを終えて
本当の甑倒しをむかえました。
やっと本格的に色々なところの片付けが始まりました。


醸し屋も今日は2階の床磨きをしました!!!
これで2階の片付けの目処がつきそうだ(;ω;)


醪も残りわずかです。
ここ一週間で全ての醪がなくなる予定です。


お米の蒸かしがなくなったので
今度は火入れに向けての準備がピークとなっています。



一般的に『日本酒の製造』というと


仕込み
 ↓
発酵
 ↓
搾り



ってところまでだと思う人が多いんじゃないでしょうか?



実はこの後にも作業は続き
搾ったものを殺菌し、貯蔵します。
これが“火入れ”という加熱殺菌工程です。



とりあえず製造期間は
搾ったお酒を火入れして終わりなんですけど・・・
その搾ったお酒を火入れするまでに
実はまだ細かな工程があります。


搾ったお酒は更に
・滓引き
・濾過
・調合
という3つの工程を経て
火入れを行いタンクへ貯蔵されます。


搾った後から火入れまでの工程は
いわゆる精製工程で、混じり物を除き
きれいな状態にする工程です。


最近はこの工程をはぶいた
“滓がらみ”や“無濾過生”のお酒が市場に出ていますね。
蔵としても工程がなくなる分楽なんですが
貯蔵酒をメインにしている福司では
仕込み同様、非常に重要な工程となっております。



この続きはまた明日!







2012福司ケーキTOPのバナー
 リピーター続出!!! 驚くほどシットリの日本酒ケーキはこちら


2012プリンTOPバナー
 北海道のミルクたっぷりの大人の日本酒プリン

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。目指せ40位!!


このブログではここら辺の工程については
あまり触れていないことに気が付いたので
ちょっとここら辺も書いてみようと思います。

正直あまりとくいな部分ではないんで
詳しくかけませんが・・・僕の勉強にお付き合いくださいw

今日も応援クリック、ポチッとお願いいたします( ^ω^ )


上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・74位





にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2131-224a9054