北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

蔵の仕事のいい所(笑)



桃の節句が近くなるとお雛様よりも
桜餅を連想する・・・・どーも醸し屋です。



桜餅  美味いっすよね☆



ビジュアル的に華やかです。
真っ白いやつ(大福)や緑色(草餅)、
こげ茶のやつ(おはぎや饅頭)のなかで
ひときわ鮮やかなのが桜餅。

鶯餅や豆餅もカラフルに攻めてきますが
ピンク色で粒つぶした御餅が
桜の葉をまとう姿は・・・エレガントです(笑)




ちょっと前まで葉っぱを剥がして食べていました。


だって、葉っぱをわざわざ食べる意味が分からない。
しかも塩っ辛いし・・・・



おっと、挨拶のくだりだけのつもりが
少しノリノリで話してしまった



さて、今日という日は結構ハードな一日でしたよ!
仕込みは留仕込みで量が多いし
これにプラスして麹と酛掛け米もはいってました。

これだと普通の作業なんですが
これに並行して搾りも重なったので
普段麹室担当ですが
今日は放冷機担当になりました!




そうそう、今日は蔵の作業のいい所を書きたいと思います!
それは休憩が多いこと!!!!
1日に何回も休憩があります!!!!

他の仕事だとお昼休みと・・・・
あっても夕方少しとかでしょうか?

蔵では昼休みの他に
10時休憩と3時休憩があります!


そんなに!?休み過ぎだって!!!Σ(゚□゚(゚□゚*)

って思うでしょうね。
確かに(笑)

でも、基本仕込が始まると蔵にもよりますが
定期的なお休みが無くなります。
そのため少しでも疲れをためないように
体に負担がかからないようにこまめに休憩を入れて作業するのが
昔ながらの風習なようです。


では、その休憩中なにをするのか?

醸し屋は自分のデスクでラベルを作ったり調べものしたりします。
各自自分の時間を違う仕事に使ったりします。
なので休み時間といっても休むというより
他の作業が出来る時間という感じです。


仕込みの時期はびっちし蔵の仕事に時間をとられるので
こういう時間でメールをチェックしたりするんです。


もちろん休んでいてもかまいません。
他の蔵人は休憩室でジュースを飲んだりしていますしね(^-^)




蔵の休憩時間で思い出深いのは、やはり筑波の霧筑波さんで
お世話になっていたときのことです。
杜氏さんはもちろん蔵人全員でお茶をすすりながら雑談しました
そして皆でお菓子を分け合ったり
時にはあんこ餅をストーブで焼いてくれたりヽ(´▽`)/


とても思い出深い時間でした。
杜氏さんも「食べなさい食べなさい」って勧めてくれるので
断りきれず1日1個あんこ餅を食べてました(笑)
食べないとずっと進めてくるんですもん、杜氏さん(笑)


しかも朝食にはご飯の他にお餅が1枚つきます(笑)

これがまた美味しいんですが・・・・
体重の増加につながり困った記憶も(笑)




どうですか?ちょっと蔵で仕事したくなりましたか?(笑)
蔵の仕事もいいものですよ~~~





鮭ひれ酒バナー
 フグに負けない!!北海道の漁師まちの酒  うまいしょ!!  

とろ粕 バナー
 この時期だけの熟成した粕の味わい。色々な料理にどうぞ。

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。目指せ40位!!

休憩沢山あっていいなぁって思った方も
蔵で働いて見たくなった方も
応援クリック、ポチッとお願いいたします( ^ω^ )

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・51位






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif  


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2093-508d08cb