北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

麹室のテロリスト




P2161217.jpg


今日、福司でも最後の吟醸麹の蒸し米を
麹室に入れました。
この時期、どこの全国のお蔵さんも
ほとんど眠れない日が続いていることでしょう。



寝れないわけではなく
寝ることは出来るんですが
2~3時間の間隔で一晩中作業が入ってきます。
短いときは1~2時間間隔です。

もちろん、理想どおりに温度管理が出来て
思ったとおりにすすんでくれればいいんですが
麹も生物です。ちょっとした環境の違いで生育も異なってきます。



一度の吟醸酒の仕込みで酛麹・添麹・仲麹・留麹の
4回作業があります。
仕込む本数によって、これらの麹つくりの行う回数も増えてくるのですが
1週間や2週間、1~2時間
あるいは2~3時間おきに作業の入る生活が続きます。


もちろん、こんな大変な思いをしなくても麹は出来ます。
けど、目的の上質な酒質を目指すとなかなか手を抜きたくないのが
作り手としての心情でしょうね。





そんな手間隙かけて造った麹。
その苦労を知っているからこそ、1粒1粒が貴重に感じます。



ただでさえバラバラの米粒です
何粒かこぼれたりすることがありますが
ここにいたるまでの苦労を考えると
その数粒すらももったいない。



1粒も無駄に出来ない!



そんな気持ちで作業するので
ちょっとでもこぼれそうになると
心臓が飛び出そうになります━━Σ(゚д゚;)━━!!




思わず『わぁ!!!!!!』って声が出ます(笑)



みんな一生懸命作業してますよ
蔵人のなかにめっちゃ汗かきの人がいるんですが
すごく暑い麹室の中に入るときに
いつも以上に厚着をします。


普通汗かくから薄着にするのに
汗かくから厚着なんです。


汗が落ちないように
長袖のTシャツを着て
額にはタオルを巻き
鼻や顎からも汗が落ちるので
タオルで首から鼻まで覆ってます。



まるで映画に出てくるテロリストのように
目しか見えない状態で作業してるんです。
きっとアツいんだと思うんですよね(笑)
見てるこっちも暑苦しいですもん


でも、彼はお酒のために毎回我慢して
一生懸命作業しています。



なんかそれを見ると
『自分もがんばらないと!』って思うんです。
今年の吟醸酒も色々苦労していますが
精一杯気持ちこめて込めて造ってます。



明日からやっとフルメンバーです。
少し余裕が出来るので写真も撮れたらなって思います。





しぼりたて2012バナー
 新米新酒第二弾!! しぼりたて無濾過生のほぼ原酒 発売中! 

とろ粕 バナー
 この時期だけの熟成した粕の味わい。色々な料理にどうぞ。

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。目指せ50位!!


この思いがこもったお酒が
皆様に届きますように。

北海道の端っこでも
がんばってお酒造ってますよ!って
皆に届くように応援クリック、ポチッとお願いいたします( ^ω^ )

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・85位






にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gif お酒の情報サイト - ほろよい。
 

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/2078-d6909b05