fc2ブログ

北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

明日、いよいよ火入れを行います!ドキドキ



いつも醸し屋ブログをご覧頂ありがとうございます。
今日も元気に釧路よりお送りする蔵元日記


明日はいよいよ、火入(ひいれ)れを行います。
火入れというのは、加熱殺菌の工程で
今期仕込んで搾ったものをタンクに貯蔵熟成させる際
熱を加え殺菌してから、約半年間貯蔵します。


日本酒の場合“生”表示じゃないものはすべて
火入れ(加熱殺菌)を行っているんです。
ワインでも同じですね(^-^)


最近ではワインも“生”表示のものもありますよね~




毎年この時期に書いていることなので、
何度も読んで知っているという人もいらっしゃるとは思いますが
お付き合いください♪





加熱殺菌の方法として、今は3種類ほどあります。
1つは数週間前に行った“瓶火入れ”
瓶詰めしたものを湯煎して温度を上げて殺菌する方法。

イメージとしては湯煎でのお燗に近いです。


この方法は最も手間がかかるのですが
急冷がしやすくよい品質を保てます。


もう1つが最新の火入れ方法で
プレートヒーターというものを使った火入れです。
プレートヒーターとは、熱交換器のことで
この機械の中を循環させ熱交換の原理を利用して加熱します。
自動温度設定もできるらしい!!!


「らしい!」といっている時点で
福司にはないのはご想像がつくことでしょう・・・・



あると便利でしょうが
うちではこの中間の方法である
“蛇管(じゃかん)”を使った火入れを行っています。
まだ全国のお蔵さんではこの方法のところが多いはず・・・
と、信じてますw


恐らく瞬間湯沸かし器と同じような原理ですね。
釜の中にスプリングのように螺旋状に巻かれた管をいれます。
その管の中にお酒を通すことで釜のお湯の温度を
管を通しお酒に移行させる仕組みです。


お酒の流れる速度によって熱交換を調整し
温度調整を行います。



この方式で65度までお酒の品温を上げてタンクへ貯蔵されます。
福司の商品のほとんどが火入れされたものです。
この火入れが終われが、“仕込み”のすべてが終わります。



そして、心置きなく納豆が食べれるのですw









banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
目指せ50位以内!!

去年より、火入れで重要な部門を任されるようになりました。
正直一番危険で難しいので気が重いのですが・・・
無事に火入れを終えれるよう、
応援クリックをポチッとお願いします!!(涙)
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・76位





 
にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gifお酒の情報サイト - ほろよい。
 


   

Comment

酒恋倭人 says... ""
毎度!
キムチも解禁???かな??
2012.04.09 20:39 | URL | #K3VsDgnM [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫酒恋倭人様


ですねw
すべてが解禁です!!w


解き放て!!!!です。
2012.04.10 19:29 | URL | #A1vz8dvw [edit]
響酒 says... ""
えぇっ???

そちらも仕込み中はキムチ禁止なの??
納豆はともかく、キムチはウチだけだと思ってました...

火入れって、メンドいよね。
2012.04.11 05:56 | URL | #- [edit]
醸し屋 カズマ says... ""
≫響酒様

うちもキムチは禁止ではないですが
僕が食べないようにしています!!!
霧筑波のなごりなので、個人的には大事な風習ですw


火入れ大変ですよね。
全部瓶火入れすると思えば楽ですけどw
それより桜がまだ咲きません!!!!!!!
2012.04.12 19:13 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1868-91d20bd9