北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

酒粕○○するとお肌もツルツル!?


お元気様です。
昨日はブログをお休みしてしまいまして・・・ごめんなさい。
お休みしたくてしたわけでもなく


実はブログのサーバーが落ちていたらしく
更新できませんでした (#`Д´) ナンテコッタ!
ということで昨日書いたブログを手直しして・・・今日楽チン♪


P2071199.jpg



前回の酒粕の続きです。
酒粕の利用法ですが、皆さんはどう使われているのでしょう?

ほとんどの方は王道の“甘酒”で召し上がるのではないでしょうか?
その他にも粕汁や酒粕と味噌で粕鍋などされる方もいますし
昔ご紹介した、酒粕をつかったディップも人気です。

そんな中、体内への摂取だけではなく
体の外からも酒粕効果を期待しちゃおうという
贅沢なお話をご紹介!!


それが“酒粕風呂”
酒粕をお風呂にとき入ると、お肌もツルツルになるそうです!

ということで、酒粕風呂のご紹介ですよ☆

-------------------------------------------------------------------
【酒粕風呂】
材料 
● 酒粕 300g

使い方
● 細かく砕いた酒粕をタオルやガーゼで包み、輪ゴム等でとめます
● これをお風呂に入れて揉み溶かせばOK!
簡単でしょ?

注意事項
・使用後はきちんと浴槽を洗い流してください
・追い炊き用の浴槽は、浴槽をいためる場合があります。
-------------------------------------------------------------------

結構簡単じゃないですか?
そのほか酒粕パックなどもネットで公開されていますよ!
食べるのではなく、こういう酒粕の使い方もありですよね。
食べるのではなく、皮膚から酒粕をという試みの福司商品といえば
酒粕の石鹸!!!
こちらも“手作り石けん工房 SNOWY SOAP FACTORY”さんで作っていただいてます。


▲ 純米酒と酒粕の手作り石けん half">img55916708.jpg
▲ 純米酒と酒粕の手作り石けん half

(写真はレギュラーサイズです)
香りでウットリ日本酒でシットリ


実は以前、酒粕風呂も商品かできないかと
下調べをしていた時期がありました。
色々調べていくと、入浴剤としての取り扱いになることから
薬事法とどう絡むかを調べたところ・・・

福司で酒粕風呂の元を販売することは出来ないことが判明!!
雑貨扱いで販売が出来ないだろうかと検討したのですが
直接肌に触れるものなので薬事法で×という結果に・・・


残念ながらの没案となってしまったのです。
でも、ただの酒粕の販売は可能ですから
皆様がご自宅でご利用いただければと思います!!

どこか釧路の銭湯や温泉で福司の酒粕風呂をやらないでしょうか?w
色々なコラボしていきたいです! 




鮭ひれ酒TOP用文字入り
 鮭のひれのひれ酒、そのなも『さけひれさけ』です!!
寒い時期にぴったり!!!っと思ったのですが、このバナーつくりかけです・・・
ごめんなさい

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
目指せ50位以内!!


酒粕のお風呂、入ったことがないんですが
ちょっと興味あるっという方は応援クリックをポチッとお願いします!!(笑)
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・50位





 
にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gifお酒の情報サイト - ほろよい。
 


   




Comment

泉山 says... "風呂にはもったいない"
ブログ読破は現在2011年8月まで。結構読みがいがありますね。
酒石鹸は蔵の売店で売っている所が増えました。ところがお風呂の入浴剤が薬事法に抵触するとは驚き。酒粕ではないのですが、金沢市の大手蔵で風呂用のお酒を売っているけどこれは薬事法の許可を取っているのかな? 
とは言っても、もったいなくて飲んでしまいますが。
2012.02.27 09:55 | URL | #- [edit]
醸し屋カズマ says... ""
≫泉山様

読み応えありますか!?初めの頃とかき方とか変わってきているかと思います。
昔は絵文字が多かったですから読みづらいですよね(^-^;)


酒粕風呂ですが、僕も驚きました!
商品開発でお酒入浴剤の開発を企画書で出そうと思い、そこらへんの知識がありそうな方に質問したところ、入浴剤も薬事法に引っかかる恐れがありますよ!って言われてしまい、その方にお願いして専門の方に聞いていただいたら×でした。


もしかすると、そのお蔵さんは薬事法に引っかかるとは思ってもいないと思います!僕自身、飲み物のお酒を入浴剤として販売することが、薬事法に引っかかるなんて考えもしませんでしたから・・・・体内摂取と皮膚では違うようです(^-^;)ハハハ
2012.02.27 18:33 | URL | #A1vz8dvw [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1836-ad277652