北海道 釧路の地酒 『福司』 若僧蔵人の醸し屋日記

北海道(特に道東)の美味しいや楽しいを日本酒を通じて紹介します。

霧想雫の生まれた理由・・・・


P2071205.jpg
霧想雫、こんなになっちゃった!!!




つい数日前はこんなのだったのが・・・
2012-02-02 15.05.59


今はこんな感じ。(色は光とカメラの違いです。)
P2071204.jpg


徐々にモロミの粘性が低くなってきているのがわかります。
泡の形状も変わってきて、風船のような大きな泡になってきました。
もう少しするとこの大きな泡もなくなります。

香りも霧想雫の特徴でもある、華やかな香りがほんのりしております。
このくらいの時が醸し屋は好きですね。
優しくて飲んでいても鼻にのこらなそうな、
さわやかな香りです。


霧想雫は本来、“吟醸酒のような本醸造酒を”といういう思いから商品化しました。
福司には吟醸酒がありますが、名前は吟醸でも規格は大吟醸なので
他のお蔵さんの吟醸酒と比較すると、どうしても価格が上がってしまいます。


釧路に帰ってきて2年目でしょうか。
色々な方がたとお酒を飲み、お話を聞くと
価格が高いために地元の皆さんに福司の吟醸酒を飲んでもらえる機会が
とっても少ないことに気がつきました。


今でこそ吟醸酒をお取り扱いいただいている飲食店さんもありますが
その頃は福司といえば本醸造の辛口か生貯蔵酒が主流。
吟醸酒があることすら知らない人が圧倒的だったんです。


飲んでいただけない理由に価格があるなら
本醸造で吟醸クラスを造って飲んでもらえれば
もっと福司に興味を持ってもらえるのでは??

そう思ったのがきっかけでした。
そこからさらに興味を持ってもらうためには・・・っと考えて
このブログを活用した、消費者参加型の商品開発を行うことにしたんです。


お酒の酒質は決定していたので、どんなお酒を造るかを公表し
ネーミング募集⇒ネーミングの投票を行いました。
ネーミング決定後は、このブログ読者の方のご好意で
ラベルの文字を書いていただけることになり、デザインを僕がして
本当に手作りのお酒が完成したんです!!


それが売店限定の霧想雫です。
発売当時から応援してくださっている方も多くおられ
とても嬉しい限りです。


霧想雫
【蔵元限定】特別本醸造無濾過 吟香造り 霧想雫(むそうだ) 720ml


発売当時のラベルと裏貼りは、印刷会社を使わずに
醸し屋が手作業でカッターで1枚1枚切って
パートさんと手作業で貼りました(笑)


売れるかわからない企画だったので、予算はほぼ0円!!!!
紙代くらいかな(笑)



そんな手作り感たっぷりの企画も
今ではちゃんとラベルも印刷してもらえるようになり!
機械でラベルを貼るくらいまでの商品になりましたよ(*≧m≦*)

少しずつ商品を育てていくことで、商品への愛情も深くなるものですね。
もちろん、醸し屋だけではなく
皆さんと育てていけたらと思います♪


これからもよろしくお願いいたします。




しぼりたて2012バナー
 完売間近!!今年は気合入ってますよ!!!

banner3.jpg
 釧路の新しい情報探してみませんか?釧路のブログが沢山!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
目指せ50位以内!!

霧想雫も今年で4年目・・・4周年ですか!!?
早いですね!少しずつイメージに近づいてきました。
もっと広めたいような・・・でも、売店の限定酒として
来てくれた方のためのお酒であってほしいような・・・

今年の霧想雫もよろしくお願いいたします!!!
霧想雫の応援クリックをポチッとお願いします!!(笑)
Rankingアップして北海道のお酒をもっと知ってもらいたいっす!

上のKUSHIRO BLOG100も見に行ってもらえると嬉しいです。
現在の醸し屋のRankingは・・・63位





 
にほんブログ村 酒ブログへ banner21.gifお酒の情報サイト - ほろよい。
 


   






Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukutsukasa.blog64.fc2.com/tb.php/1823-7e9d6420